R35 GTR ABSランプ点灯修理 2018-10-25 | ABS修理のお店Jスクエア

R35 GTR ABSランプ点灯修理 2018-10-25


記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています

R35 GTR ABS修理

R35 GTR ABS修理でご来店です。

GTRのABSは運転席前に装着されています。

まずは黒いリレーボックスが邪魔なので外します。

手が入る空間ができるので、ブレーキマスターシリンダー側のブレーキパイプを外します。

GTR ABSを取り外すときの綺麗に作業するポイント

ブレーキマスター側にウエスを引いておきます。
GTRのブレーキオイルはリザーバータンク内のブレーキオイルを抜いておけばブレーキパイプを外してもオイルがたれません。

外した後はパイプ内に残っているブレーキオイルを洗浄して綺麗にしてあげます。

10mmのボルトでついているアース線を外します。

アース線がついたままだとABSカプラーが外れないためです。

残ったブレーキパイプを外します。

ブレーキパイプがテンションかかってネジを壊しやすい

画像を見るとわかるのですが、右側のブレーキパイプにテンションがかかっていて曲がっています。
取り付ける際は慎重にねじ込みをしないとネジ山を壊す恐れがあります。
『ネジ山壊れてしまった〜』という修理工場さんが多いのがGTRのABSを外す時です。

パイプのネジを入れるときは、左側に押し付けながらまっすぐにして入れていきます。

続いて、タイヤハウスのグロメットを外して、ABS本体が止めてあるナットを外します。

12mmのナット3箇所で止まっています。

こちらが修理するABSユニットです。

圧送機でブレーキオイルのエア抜き作業をします。
こちらはGTR用のアタッチメントです。

アタッチメントをリザーバータンクに装着してブレーキオイルを圧送します。

最後に故障コードを消去して、圧力センサー、前後Gセンサーのキャリブレーションをして終了です。

関連記事


このエントリーに対するコメントはありません。

コメントはこちらから




次のタグが利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

次へ »

« 前へ

 
お支払いについて
お支払いはクレジットカード・銀行振込・代金引換・がご利用いただけます。
※クレジットカードのセキュリティはSSLというシステムを利用しております。カード番号は暗号化されて安全に送信されますので、どうぞご安心ください。

お問い合わせ先
ネットでのご注文は24時間受付けております。
お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。
電話受付時間 AM 10:00~PM 19:00
ABSユニット修理のお店 Jスクエア 
神奈川県横浜市都筑区池辺町3601

店舗連絡先: 045-511-7418 FAX 045-511-7419
      神奈川県公安委員会 弟451340002968号
※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。
配送について
配送はヤマト運輸でお届けいたします。

ご注文確認(前払いご入金確認)の翌日発送をこころがけておりますが、万が一ご出荷が遅れる場合はメールでご連絡致します。
[時間指定]
下記、各時間帯からご選択いただけます。

電子部品修理 送付先

〒224-0053
神奈川県横浜市都筑区池辺町3601
株式会社 Jスクエア
個人情報の厳守
お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。
またカード決済はSSLに対応しておりますのでクレジットカードの
ナンバーなどは暗号化して送信されます。安心してお買い物をお楽しみください。


トップページ会社紹介特定商取引法表示個人情報保護ポリシーお問い合わせ

▲Page Top