Jスクエア 使用機材紹介 | ABS修理のお店Jスクエア

ECU修理道具紹介,コンデンサー、チップ交換

ECU修理、インジェクション系統の基盤の移植作業です。

片手がふさがる作業はハンダ送り機能のある半田ごてが便利!!
レバーを握ると自動でハンダが送られます。

こちらはマセラティの基盤修理
コンデンサーの交換です。

コンデンサーの交換や抵抗チップなど両端をハンダする部品に使用します。
グリップを握るとクリアランスが変わるので、ある程度の大きさのチップにも対応します。

こんな感じにチップの両端を温めながら外すときに使用します。

記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています

電子部品修理には欠かせない 静電防止 アース対策

オシロスコープ

弊社で使用している機器オシロスコープ用に200v電源を引いてもらいました。
他の電気製品と分けて、単独で電源を引くとノイズ対策にもってこいなのです。

電気工事はいつも高橋電気さんにお願いしています。
とても良心的で、気さくな方でもちろん腕も良い!!

200V単相のアース抵抗値が100Ω以下に法令で定められているらしいのですが、できる限り0Ωにつかずければ電気製品には良いとされています。

マンションだとかなり0Ωに近づけることができるそうですが、店舗だと50Ωを切れば良い方だとのことでした。

今回は 33Ωまで頑張ってもらいました。

アース棒を地面に打ち込んでもらいます。

33Ωにするには、1m x3本打ち込んだそうです。

高橋電気さん:『永井さん〜50Ωなんていらないよ~(笑)』

私: 『い〜の、、こだわりがあるの〜』

電気工事士から見ると、100Ω切れば十分らしいということがわかりました。
でもね、どうせなら0Ωに近い方がと、、、私の性格ですwww

そして、電子部品アース対策,静電防止として、特別に私の手首用アース?を打ち込んでもらいました。

店舗の柱で十分だと思ったのですが、アースとるついでに、、、、

手首についている配線がアース棒に直結されています。
ちょっとやりすぎと思いましたが、これで万全、完璧ですな、、、 |・_・)

こういうの触っているときの心配が100%なくなりました ( ̄ー ̄)v


機材紹介 コーディングで使う定格電圧機 紹介その2

この機材はABSユニットを新品に交換するときに使う機材で、コーディングの際中の車に定格電圧を送る機材です。

BMWのコーディングの場合は13V以上ないと診断機がコーディングしてくれません。
そのために一定の電圧を送ってあげているのです。

これ以外にもBOSCH等から定格電圧機は発売されているのですが、BMWディーラーさんいわく

これを使えばコーディングの失敗はほぼないですよ〜

とのことでしたので、定格電圧機にしてはかなり高額な部類なのですが、ディーラーさんと同じ環境というのが引かれて導入している機材です。
この機材にしてからは、コーディングの失敗は今の所 0%です
★(-_-)キラン☆


2015/8/10 BMW E39 ASC修理 & バッテリーランプ点灯

E39 ASCユニット修理でご来店していただきました。

ABSの修理は無事完了、
ABSランプとは別にバッテリーランプが付いたり消えたりするとのことで診断します。

続きを読む »


BMW コーディング用 定格電圧機 動画紹介!!

BMWの新品の部品んを交換した時はコーディング(情報書き込み)の作業が必要です。その際に安定した電力を送ってくれるBMW ディーラーさんが使っている定格電圧機を紹介いたします。
しか~し販売されていないものなので、購入はできません ~(=^‥^A


ABS修理でタイヤ脱着時にサビ対策!!


タイヤ外したらサビがあったので、ちょっとしたノウハウで、、、


ダメと諦めていたのに OK!!!ノウハウ紹介 ジャガー ECU修理  



ジャガーECUは、コンデンサの良否判定はもちろんですが、交換が必要な部品を見極めるのが大切

ジャガーXK8のECUの不具合で、どうしても直らないユニットがあるとのことで、最終的に弊社に持って来ていただきました。
販売店さんは藁をを掴むを思いだったそうです。
結果はOK!! やったね!! ^^ 直らないと諦めていた、もしくは断られていたユニット
『結果をだします』


Ate製ブレーキ圧送機 FB-30SR 紹介

FB-30

弊社で使用している ブレーキ圧送機です。
DSCユニット脱着後はDSCユニット内部のエアが入りやすいために、Ate純正のブレーキ圧送機が必要です。
ブレーキペダルを踏む抜き方だと、ブレーキマスターシリンダーのシールを痛めてしまうのでこちらの機械を使うことでお客様のお車を的確に作業します。

ブレーキオイル圧送機でエア抜き

ブレーキオイル圧送機でエア抜き2 主観
(ヘッドにウエアラブルカメラを装着しての作業、修理工場さんへ参考になれば幸いです ^^)


 
お支払いについて
お支払いはクレジットカード・銀行振込・代金引換・がご利用いただけます。
※クレジットカードのセキュリティはSSLというシステムを利用しております。カード番号は暗号化されて安全に送信されますので、どうぞご安心ください。

お問い合わせ先
ネットでのご注文は24時間受付けております。
お電話でのお問合せは下記の時間帯にお願いします。
電話受付時間 AM 10:00~PM 19:00
ABSユニット修理のお店 Jスクエア 
神奈川県横浜市都筑区池辺町3601

店舗連絡先: 045-511-7418 FAX 045-511-7419
      神奈川県公安委員会 弟451340002968号
※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。
配送について
配送はヤマト運輸でお届けいたします。

ご注文確認(前払いご入金確認)の翌日発送をこころがけておりますが、万が一ご出荷が遅れる場合はメールでご連絡致します。
[時間指定]
下記、各時間帯からご選択いただけます。

電子部品修理 送付先

〒224-0053
神奈川県横浜市都筑区池辺町3601
株式会社 Jスクエア
個人情報の厳守
お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一切使用致しません。当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。
またカード決済はSSLに対応しておりますのでクレジットカードの
ナンバーなどは暗号化して送信されます。安心してお買い物をお楽しみください。


トップページ会社紹介特定商取引法表示個人情報保護ポリシーお問い合わせ

▲Page Top