ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

BMW E46 3シリーズ ABSユニット取り外し方

約 1 分



BMW E46 3シリーズ取り外し方




ABSユニットの取り付け場所はエンジンルーム 助手席側にあり指を指しているところにあります。ちょっと奥まっています。


こちらの画像の部品は、エアコンのクリーナーです。この部品トルクス4本で止まっているのでまず外してしまいます。


ABSユニットを外す時に邪魔になるカバーを外します。こちらはプラスチックのねじ2つで止まっています。

壊してしまう方が多い箇所です

このカバーを外すときに重要なホース類がたくさんあり、カバーを外す際にホースを破損してしまう恐れがあります。ホースが専用のバンドで止まっており、外してしまうと再利用できない等があります。通常弊社では、ホースは外さないでカバーを外すのですが、初めての方には ちょっとむずかしいです。 よく分からなければお電話ください。



カバーを外したところ


電源カプラーを外します。画像の部分を上に引っ張るとてこの原理で外れます固い場合はドライバー等で持ち上げてください。


ボルト4本と電源カプラー1つを外せばABSユニットは外れます。


ABSユニットの一部が細く尖っておりますので、取り外しの際は十分お気をつけ下さい。また郵送の際にこの部分が折れてしまうことも考えれますので緩衝剤を入れてお送りください。


ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ 
メールでお問い合わせ

受付時間:10:00~19:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly