ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

BMW E80 DSCユニット修理 名古屋からご来店

約 4 分
整備ブログでは、実際にご依頼いただいたケースのご紹介とともに、業者様向けに該当の車種のABSユニットの取り外し方も合わせてご紹介しています!

BMW E80

E80 ABS修理

BMW E80 ABS修理で名古屋からご来店くださいました。

BMW E80 ABS修理
写真のご協力もありがとうございます!

▼点灯していたランプはこちら
BMW ABS警告ランプ

ABS、DSC、タイヤ空気圧警告

ABSユニット取り外し


ジャッキアップして、フェンダーとフロントバンパーに保護具を取り付けます。

ABSユニット
BMW E80のABSユニットはこちらに取り付けられています。


ブレーキオイルを上から抜きます。
ブレーキオイル残量センサーのカプラーを外します。


ブレーキリザーバータンク内のブレーキオイルを抜きます。


ブレーキパイプ x6 を外します。


DSCユニット本体を止めているナット10mmx3を外します。


DSCユニット本体のカプラーを上に引き抜きます。


上に引き抜くと自動でカプラーが外れるようになっています。

BMW E80 ABSユニット
▲取り外せました。こちらのABSユニットを修理します。


ブレーキオイルを前もって抜いていますのでブレーキオイルがたくさん出てくることはありませんが、周辺を汚さないように念のためウエスを引いておきます。


エア抜き作業の前にタイヤの取り付け面が錆びていたので、錆びを落としてグリスを塗ります。


錆びをペーパーで落とし……


グリスを塗ります。
この作業により、固着を防ぐことができます。次にタイヤを外す時苦労せずに済みますのでこういった一手間が大切です。


続いて、コーディング & 故障コードの消去をします。


ブレーキオイルを交換したので、CBSの設定をします。
画面では0%になっています。交換時期を過ぎているということになります。


設定をリセットして100%になりました。
時間と距離でこの数値が減り、残量を運転手に知らせてくれます。


1ヶ月ほど前にエンジンオイルを交換されたそうなので、こちらも設定をします。


100%になりました。
100%/7 この数値は7回エンジンオイルを交換したということです。

中古車を買う時、メンテナンスの目安になります。


こちらは時期を過ぎてると『OK』マーク部分が赤く『NG』となり、交換時期を知らせてくれます。

お客様アンケート


BMW E80 / 愛知県 寺澤さま

Q.当社をお選びになった理由はなんですか?
今回のトラブルで困っていたところ、インターネットで調べてみたら JスクエアさんのHPを見つけて遠方からもお客さんが来ていたので信頼のあるお店だと思い修理を依頼しました。ディーラーと比べて金額も良心的。

Q.当社で修理をしてよかったことは何ですか?
依頼して修理までの期間も細かく親切で丁寧に対応してもらえました。修理箇所以外の質問にも本当に親切。
おまけー 社長さんのオーラがとてもやわらかい。

Q.当社スタッフへのメッセージをご自由にお願いします。
これからもよろしくお願いします。

店長 永井
寺澤様
アンケートのご協力ありがとうございました。また、遠方からご来店くださり、本当にありがとうございました。
車検は遠いので難しいと思いますが、こちらにいらっしゃることがございましたら是非お声がけください。当日対応できるよう調整します!
次の機会の時は、ギターの方とご一緒できるのをを楽しみにしています。それまでにしばらくほったらかしのギブソンに弦を張っておこうと思います!

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問合せ 
メールでお問合せ
LINE でお問合せ

受付時間:10:00~18:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Send to LINE