ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

点灯ランプ 説明

点灯ランプについて

目次

▶︎BMW
ASCとは
DSCとは
▶︎VOLVO
TRACSとは

BMW

BMW

ASCとは

アクティブスタビリティコントロールの略で(Active Stability Control)『タイヤの空転を自動で制御 安全性を高めるシステム』です。/ BMW 3・5シリーズ 2003年までの車両に装着されている安全装置です。これが故障するとABSの警告ランプと同時に点灯します。

ASCチェックランプ
メーター中央に黄色で【△に!マーク】ASCチェックランプです。ASCの作動と異常があったときに点灯します。
ASCはホイールスピンを防ぐもので、エンジンの出力を自動でセーブし、タイヤの空転を防いだり、ブレーキを自動で制御してリヤタイヤの空転を防いでいます。(TRACS(トラクションコントロール)と同じ機能です)

ASCは、「もしものとき」のトラブルに効果があります。
例えば急発進、急なスロットル操作をすると、リヤタイヤに急激なトルクが伝わり、タイヤが空転してしまいます。また滑りやすい路面、雪道、砂道でも効果を発揮します。

店長 永井
【DSCとの違い】
保険会社等が認定している、保険料の控除で『横滑り防止装置』というものがあります。 ASCはこの機能には外れますが少なからず横滑り防止には少しは役立っています。DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)はASCの機能+横滑り防止装置の機能が備わった装置です。

DSCとは

ダイナミック・スタビリティ・コントロールの略(DSC)で、BMW E38 / E46後期 / E90,91,92,93 / E80,81,82,83,84,85 / E60 / Z404年以降の車には、標準装着されている横滑り防止装置です。

dsc警告ランプ点灯の様子
DSCは、ASCの機能に加えてステアリングの回転角度や、横加速度(旋回方向への回転角の変化速度)、ブレーキ操作力等を検知して総合的に車がどのような状況なのか判断して自動で車を制御しています。車のスピン、横滑りを防止しています。

写真のようにDSCが壊れるとたくさんの警告灯が点灯してしまいます。


DSCの故障で点灯するランプ

  • DTC(ダイナミック・トラクション・コントロール)
  • DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール
  • ABS(アンチロック・ブレーキング・システム)
  • タイヤ空気圧異常ランプ
  • ブレーキパット残量警告ランプ
  • サイドブレーキランプ
  • 舵角センサー異常ランプ

BMW E90 DSCテスト(英語)



動画では、最初DSC OFF→ONの順番にコーナーを曲がってます。DSC OFFで運転者がハンドルを逆方向に切ってカウンターを当てスリップを防いでいます。ONのときはDSCがエンジン出力、ブレーキ等をを自動に制御、しているため運転者は何もしないでスピンを防止しているのがわかります。

BOSCH社の横滑りを防止する原理 (英語)

店長 永井
DSCは、突然のトラブルに効果があります。
DSCはASCの機能にプラスして横加速やハンドルの切れ角度を検知してますので、道路の落下物をよけたり、横からの車の飛び出しバイク、歩行者等をよけるときに効果を発揮します。
車のスピン防止、オーバーステア、アンダーステアを軽減してくれるので、あなたも知らず知らずにDSCの機能のおかげで事故を防いでいるかもしれません!

VOLVO

TRACSとは

TRACS(トラクションコントロール)ボルボのABSユニットが故障すると点灯するランプです。

volvo警告ランプ点灯の様子
トラクションコントロールは、前進走行の安定性を高めるためについている機能で、低速走行時の駆動輪のホイールスピンをモニターしており、スピンを始めたホイールを自動的に制動させます。雪道、凍った道、砂利等でホイールスピンをしやすい時等で機能します。
通常は40km/h以下の速度でのみ作動しますが、トラクションコントロールが作動している間は80km/hまで作動する場合があります。トラクションコントロールは電子制御のフリップディファレンシャルのような物です。

トラクションコントロールは発進後に機能が出来る状態になっていますが、パネルにあるスイッチでOFFする事も出来ます。またシステム作動中にドライバーがブレーキペダルを踏むと自動で機能は停止するようになっています。作動中、コントロールモジュールは、トラクションコントロールの状態をモニターしておりブレーキの温度を算出しています。
これにより、ブレーキがオーバーヒートする可能性がある場合はトラクションの機能は停止され、同時にワーニングランプが点灯してトラブルコードが入力されます。

店長 永井
トラクションコントロールは、ABSとは違って発進時や低速走行時等で生じるホイールスピン等を制御してくれる機能で雪道、砂利、林道等では必須な機能です。発進時、低速走行時のスリップ防止にとても役立ってくれます。スタビリティーコントロールと混同しがちですが、ボルボではSTC(スタビリティー&トラクションコントロール)が車種年式により装備されています。

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ 
メールでお問い合わせ

受付時間:10:00~19:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。