ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

VW エンジン ECU修理 他社で直せず最後の砦|顕微鏡を使用して極小チップの交換

約 2 分

VW ECU修理

ディーラー様からのご依頼

弊社のクライアント様でしたが、たまたまフロントマンさんが弊社のことを知らずに他社さんへECUをお送りしたそうです。
しかし修理できなかったとのことで、弊社にご相談くださいました。

症状 & 修理

ECU内部でアースに落ちないという症状でした。
アースに落ちない原因は『断線や、腐食、抵抗不良』がほとんどです。

VW ECU

今回は、断線、セラミックコンデンサーの腐食でした。↑黒くなっているところがショートしているところです。
まず腐食している抵抗チップを交換します。

こちらが外したところです。

およそ1mmほどの極小チップです。
こちらを取り付けるには裸眼ではできませんので、デジタル顕微鏡で拡大して作業をします。

新しく取り付ける抵抗チップです。(一通りのサイズは在庫をご用意しています)

抵抗チップの先にあるICの足が腐食して断線していたので、回路を再生して付けます。

店長 永井
ICの足のピッチが0.2mmだったので、苦戦はしましたが無事装着完了しました!
アースに落ちるようになりました。こちらで修理完了です。

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問合せ 
メールでお問合せ
LINE でお問合せ

受付時間:10:00~18:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Send to LINE