ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

3/10 サーブ ABS修理 ご来店です!かなり高額の見積もり

約 1 分

3/10 更新New サーブABS修理 高額見積もりでした!

サーブABS修理
本日はサーブABS修理でご来店です。
お見積もり値段50万近くでびっくりして弊社にご来店していただきました。お見積もりのお値段1万円かかってしまったようで、ABSランプ点灯の場合弊社でも正確な故障診断見積もりができますので、よけいな出費がかからないよう直接ご来店していただいてOKです!

ABSランプ点灯
今回は、サーブ9-3で、ABSランプとインフォメーションランプが点灯しております。

サーブABSユニットの場所
サーブABSユニットの場所は、車の左側バッテリーの後ろあたりにあります
サーブABS配線
取り外し方はまず配線2つを外します。スピードセンサー系のカプラーを左側に引くと上にスライドして外れます。
サーブABSユニットカプラー
続いてABSポンプモーターのカプラーを外します。ラッチを手前に引きながら下に抜きます。先が尖った工具があると便利!

サーブABSユニットカプラー
カプラーを下に引き抜いたところ、黄色く見えるのがABSハイドロポンプモーターの配線!

サーブABSユニット取り外し
トルクス6本を外せば取り外せます。ちょっと特殊な長さのトルクスで弊社ではABS修理用でいくつか取り寄せました。

ABS修理 取り外し工具
先が星形になっていて、輸入車の工具屋さんで『トルクスT20ください!』と言えば探してくれます。ホームセンターにもあるかも!

サーブABSユニット取り外したところ
ねじ6本すべて外して、手前に抜けば外れます。銀色の部分がABSユニットがついていたところ

サーブABSユニット
丸いコイルが8個ついています、このコイルがかなり弱く軽く振っただけで「カタカタ」していますので、取り外しの際は慎重に抜いてください。また郵送時には丸いコイル部分にテープで貼付けて振ってもカタカタいわないようにして送ってください。

修理完了後テスターで故障コードを消去して今回の作業は終了、お客様も安くすんで喜んでいただけました。
今回テスターで消去しましたが、郵送でご依頼のお客様で取り付け後テスターがなければディーラーさんで消去をお願いします。

弊社ご来店のお客様の場合はすべて消去しますのでご安心ください。





ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ メールでお問い合わせ

受付時間:10:00~19:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly