ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

VW ゴルフGTi ABS修理 2017/12/12

約 1 分

記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています

ゴルフGTI ABS

ゴルフGTI ABSランプ点灯で入庫です。

VW純正診断機VASで故障コードを読み込みます。

01276 ABSハイドロリックポンプ故障

01130 ABS作動あてはまらない信号

点灯していたランプがこちら
ABS,サイドブレーキ、ESP

ABSのECUが修理不能のために基盤の部分は新品のユニットを使います。
コーディング情報を取り出して、新品のユニットに書き込む作業をします。

バッテリー下奥にABSユニットがあります。

バッテリーカバーを外して、ターミナルを外します。

バッテリーとカバー類を外したところです。

ボルト3本を外して、バッテリーステーも外します。

こちらのバッテリーステーを外すとABSにアクセスがしやすいので外します。

これだけスペースが空くとABSユニットを外すのに楽です。
スペースがないとABSパイプを装着するときにネジ山を壊してしまうなどのリスクがあるのでABSを外す時はここまで外してください。

ブレーキパイプを外します。11mmのブレーキブリーダレンチを使用します。


ABSユニットカプラーをはずします。上に引き抜くと外れます。

ブレーキキャリパーからブレーキオイルを全て抜いておきます。

専用の工具でブレーキラインに蓋をします。


ブレーキ配管を外して専用のナットを取り付けて、ブレーキオイルが漏れないようにします。


若干ブレーキオイルが出てしまうので、ウエスを引いておきます。

ABSステーが止まっている13mmのナット2つを外します。

外れたところです。

ABSユニットをO/Hします。
作業場は、基盤の修理をするためにスタッフルームの横に設置しています。

抽出していたコーディングデーターを入力します。


最後にブレーキのプレッシャーセッティング、舵角調整などをして終了です。

日本の部品設定がないものは、本国ドイツから

今回のお車は、ハイドロの部分をO/Hで対応して基盤の部分を新品に交換しました。
通常ならそっくり交換で部品だけで40万近くになってしまうところをコスト削減できました。
VWの場合は基盤だけの部品の設定がない車両がありますので、日本での基盤部分の調達ができません。
そのため弊社ではドイツ VWから直接購入して対応しています。

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ メールでお問い合わせ

受付時間:9:00~18:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly