ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

2/27 BMW E39 ABS修理|修理後ABSランプが消えない場合の対処法

約 3 分

BMW E39 ABSランプ点灯

故障判別のコツ

今回は業者さま向けに、ABSランプが点灯している BMW E39 の故障判別のコツについてご紹介いたします。
ABSを修理したあとにABSランプが消えない、故障コードが消えないという現象が起きることがあります。
その理由、対処法について実際の作業写真と合わせて解説していきます。
故障診断

診断

まずはBMW 診断機で故障箇所を断定します。(汎用テスターでも良いのですが、出来ればBMW 純正があると確実です)

診断機取り付け場所

BMW E39の場合は年式によって診断機の取り付け箇所が異なります。
運転席か、エンジンルームどちらかです。

今回は、エンジンルームにある20ピンコネクターに接続してます。

エンジンルームと室内両方にあるケース

その場合【エンジンルームの20pinに接続】してください
室内の16pinに接続しても、アクセス出来ません。

ABSユニット不良のコードが入力されていたので、取外して基盤の修理をします。

ユニットの修理後に再度診断

基盤の修理後、再度故障コードを読み込んだところ、右後ろスピードセンサーの故障と入力されています。

故障コードが隠れる?

診断機結果にABSユニット不良と入力された場合、今回のように【ABSの基盤を修理した後に、新たな故障箇所が出現する場合がある】のでご注意ください!

スピードセンサー交換


右後ろスピードセンサー交換します。

その後、なんとスピードセンサー左側も故障とでました。

続いて左後も交換します。

BMW スピードセンサー

実物を見ると、一目瞭然。経年劣化でゴムの皮膜がぼろぼろになり配線が露出していました。

ABSランプが消えない沼にはまらないために

BMW E39に限らず、ABSランプ点灯の場合基盤修理と、スピードセンサーの複合故障が考えられます。
基盤修理後ランプが消えない場合は次にセンサーを確認してください。

今回の作業内容

  1. ABSユニット修理x1
  2. スピードセンサーx2

汎用機の注意点:ランプが消えない

汎用機の場合、故障コードを消去してもランプが消えないことがあります。BMW純正の診断機を使うか、無い場合はディーラーさんに消去をしていただく必要があります。

今回、写真撮り用で汎用機(ちなみに機種はX431)を使いましたが、故障コードを消す事は出来ませんでした。
その後BMW純正テスターで消去しました。

店長 永井
ABSは正常なはずなのに、故障コードが消えない、もしくはランプが消えない、という場合はスピードセンサーの故障か、テスターが原因です。

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ 
メールでお問い合わせ

受付時間:10:00~18:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Send to LINE