ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

BMW E39 ABSユニット交換 ディーラー診断機でのコーディング方法

約 1 分

記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています

BMW E39 ABS修理

BMW E39 ABS修理で千葉県からご来店していただきました。

E39 ABS

交換するABSユニットがこちら
エアクリーナーボックスを外すと作業しやすいです。

こちらを交換します。

BMW コーディング

取り付け後にコーディングの作業をします。
バッテリー電圧を13V以上に保たないと、診断機のコーディングが動いてくれないので、定格電圧機を接続します。こちらもディーラー純正機です。

BMW ABSコーディング

コーディング後のエラーコードです。

店長 永井
コーディング後にエラーコードが入力されていても焦らないでください。
コーディングをした後には、設定をしてあげないと正常に作動しませんし、故障ランプも点灯したままです。

舵角センサー同期

0061 ステアリング舵角センサーの識別

まず、舵角センサーの調整をします。
ハンドルをまっすぐにして、数値を0点にしてあげます。

続いて残っているエラーコードが

006D DSC生産ラインで最終テストが行われなかった

こちらは特にテスターで設定してあげるわけではなく、、、、、、

ブレーキを一回踏むだけでOK!!

本当のやり方は、イグニッションONでブレーキプレッシャーセンサーに信号を送るために、20秒踏みっぱなしにするそうなのですが、
大抵は、ブレーキを一回踏むだけで大丈夫です。


E39 M5はマニュアル設定、運転が好きな方には嬉しいですね!!

店長 永井
E39 M5はもうほとんど見なくなりました。
ユーザー様は綺麗にお乗りになって頂いている方で今後も長く、大切に乗って頂けるようにサポートさせていただきます。

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ メールでお問い合わせ

受付時間:9:00~18:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly