ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

BMW E39 ABSユニット修理|スピードセンサーの故障と診断されても原因はABSの場合も

約 2 分

BMW E39

BMW E39 ABS修理

BMW E39 ABS修理で修理工場様からご依頼をいただきました。

ABS、ASCランプなどが点灯・スピードメーターが動かないといった症状が出ています。

点灯している警告ランプはこちら。

  • ABS
  • ASC
  • 診断


    20ピンの端子に診断機を取り付けます。
    運転席の足元にOBD16ピンも付いていますが、診断の際はエンジンルームの20ピンの方に繋げます。


    こちらは社外の診断器ですが、20ピンの場合はBMW純正診断機よりアクセスが早いのでよく使用しています。


    コーディングはできませんが、診断、オイルリセットなど一通りの機能は付いています。


    左後ろスピードセンサーの不具合が入力されていました。

    スピードセンサーは異常なし

    診断機にスピードセンサーの故障コードが入力されていましたが、単体テストでは異常がありませんでした。
    これによってABSユニット内部のスピードセンサー回路の不具合が原因で、スピードセンサーの故障コードが入力されていたと判断できます。

    店長 永井
    ABSユニット内部の修理で改善されました。

    ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

    電話でお問い合わせ 
    メールでお問い合わせ

    受付時間:10:00~19:00

    ※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

    Share / Subscribe
    Facebook Likes
    Tweets
    Pinterest
    Send to LINE