ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

R35 GTR ABS修理|GTRはエア抜きブリーダーが2箇所

約 3 分

日産GTR R35

R35 GTR ABS修理

R35 GTR ABS修理でご来店くださいました。


▲これらのランプが点灯していました。

  • ABS
  • VDC

  • 車のマークに〜のランプも点灯します。


    まずはこちらのカバーを外すと


    こちらが修理するABSユニットです。


    まず10mmで止まっているリレーボックスを外します。


    続いてブレーキリザーバータンク内のブレーキオイルを吸い出します。
    (ブレーキパイプを外したときにブレーキオイルが垂れるのを防ぐためです)


    タイヤハウスのカバーを外します。


    タイヤハウスを外すと、ABSユニットが止まっている12mmのナットが見えますので外します。


    続いて、ブレーキマスター側のブレーキパイプを取り外します。
    (取り外さないとスペースがないので、ABS本体が抜けません。


    ブレーキパイプを外したところです。空間ができてABSユニットが取り出しやすくなります。


    こちらが修理するABSユニットです。


    3つの穴が見えますでしょうか、下からナットで止まっています。


    修理後Ateのブレーキ圧送機でブレーキオイルエア抜き作業をします。
    こちらはGTR専用のアダプターです。


    ヨーロッパ車と違いネジ式ではありません。


    ブレーキオイルを圧送しています。


    GTRはエア抜きブリーダーが2箇所あります。
    内側も抜かないとエアが入ったままになってしまうので、ご注意ください。

    店長 永井
    GTR R35の場合はディーラーさんの紹介か、GTRクラブさんからの紹介が多いです。サーキットも走る車ですからその仲間の方から紹介をいただくこともあります!

    ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

    電話でお問い合わせ 
    メールでお問い合わせ

    受付時間:10:00~19:00

    ※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

    Share / Subscribe
    Facebook Likes
    Tweets
    Pinterest
    Send to LINE