ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

R35 GTR ABS修理 / 国産車もオーバーホール可能!

約 4 分

日産 GTR R35

R35 ABS修理

R35のABS修理でご来店くださいました。

▼点灯していたランプはこちら
GTR ABS

  • VDCシステム異常
  • ABSランプ
  • サイドブレーキランプ
  • ESPランプ
店長 永井
ディーラーさんにてお見積もりをしたところ、『30万円以上』かかるとのことで、弊社にご相談くださいました。ユニットの取り外し方など合わせてご紹介いたします。

まずは診断からはじめます。

診断

GTRの診断は、日産の診断機ではなく『GTR専用の診断機』を使用します。
GTR診断

▼入力されていた故障コード
C1111

C1111 ポンプモーター

ABSユニットのポンプ側の故障で、オーバーホール対応可能です。
ユニットを取り外していきます。

ABSユニットの取り外し

ブレーキオイルを抜く

まずはブレーキリザーブタンク内のオイルを抜きとります。
(事前にオイルを抜き取っておくと、ブレーキの配管を外した時にオイルが出てこなくなり、清掃する手間が省けます)

ブレーキパイプを外す

ブレーキパイプを外す

ブレーキマスターシリンダーからABSユニットの配管2つを取り外します。

GTR ABS

ブレーキの配管を外したところです。
(写真左下の四角い部品がABSユニット)

GTR ABS

ABSユニットが外せました。
ABSユニットはタイヤハウスを外して、ナット3個で止まっています。

ABSユニット修理

基盤とポンプ
写真は別の車種のABSユニットですが、このようにABSユニットは基盤とポンプで構成されています。今回は、ポンプ側が故障していました。

モーター軸

こちらはVDCユニットとモーターを外したところの写真です。
この部分が錆びてしまっているとブレーキラインにもサビが回ってしまう可能性があるので綺麗に清掃します。

シャフト

同じように、シャフト部分も取り外し、錆びを取り、清掃します。

故障箇所に対する修理だけでなく、こういった細かいところも手を入れることで、今後起きてしまいそうな故障も防ぎます。

before-after

ピカピカになりました。

エア抜き作業

修理したABSユニットを取り付けます。

ブレーキオイル
最後にこちらのブレーキ圧送機を使用してエア抜き作業をします。

圧送機でエア抜き

以上で全ての作業が終了しました。

店長 永井
今回もオーバーホール対応できる故障内容だったため、ディーラーさんのお見積もりよりもコストを抑えることができました。
国産車ではGTR R35の他、スバルレガシィ、ホンダインサイト、マツダRX8、アクセラなども対応しています。お気軽にご相談ください。

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ 
メールでお問い合わせ

受付時間:10:00~19:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Send to LINE