ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

4/7 BMW E39 ABSユニット修理 スピードセンサーの異常?

約 1 分

4/7  更新New BMW ABS修理 ボロボロの配線見つけました!

BMW E39 ABS修理
本日のご依頼は、BMW E39 ABS修理
診断では、ABSポンプモーターの不良と、フロント左右、左後ろセンサー不良の故障コードが入力されてました。

BMW 診断機
BMW 診断機 Disの画面です。BMW E39の診断は、Disが相性が良いのでよく使っています。診断機にもいろいろなバージョンが有りますので、年式によっての相性が結構有ります。BMW専用だからといってすべてが全部見られるとは限らないので使い分けしております。
他の診断機では、icom isis が一番新しくて機能も充実してます

ASCランプ点灯
修理後も、ASCランプが点灯してしまいました。診断機で見てみると、右フロントスピードセンサー異常のコードが入っています。
E39のスピードセンサーはよく壊れるので、今回はABSユニットと、右フロントスピードセンサーの不具合でした。

BMW E39 スピードセンサー
故障していた箇所は右側でしたが、左側のスピードセンサーもボロボロ(表面のゴムの部分が劣化して配線がむき出しになっています) お客様もどうせだから両方交換してとのご依頼で、交換しました。

E39 ABSが点灯した場合、判断はどうしたらよいか!

BMW E39 に限らず、まず診断機で故障コードを確認、その故障コードの入り方によって不具合個所をしぼっていく方法が一番手っ取り早いです。
工場の方では、新品のスピードセンサーを確認専用で持っているところも多く例えばスピードセンサーの異常があった場合その箇所の新品センサーをつけてみて故障コードが消えればABSセンサーの不具合、故障コードが消えなければABSユニットの不具合と判断するやり方です。この方法が一番早くて、良いかと思います。

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ メールでお問い合わせ

受付時間:10:00~19:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly