ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

BMW E46後期 DSCユニット交換|スピードセンサー故障も

約 2 分

BMW E46

本日はBMW E46後期 DSCユニット交換でご来店くださいました。


▲点灯していた故障ランプはこちら。ABSとDSCランプが常時点灯するようになります。

▲入力されていたコードはこちら

DSCユニットの他センサーの故障コードも入力されていますが、センサーが壊れていなくてもユニットの故障でこのように表示されることがあります。
そのため、先にDSCユニットの交換をしてから様子をみたいと思います。


DSCユニットを交換後走行テストをしたところ、再度ランプが点灯したのでスピードセンサーも交換します。

必ずセンサーは後に交換する

面倒かもしれませんが、このように『DSCユニットを交換→確認→スピードセンサーの交換』という順番に進めた方が安くすむことがあります。
通常ディーラさんで診断し、今回のような故障コードが入力されているとはじめから『DSCユニットとスピードセンサー両方交換の見積もり』となります。

今回は両方の交換になりましたが、一つづつ交換して走行テストをすればスピードセンサーの交換をしなくて済むこともあります。

スピードセンサーの故障コードが入力されるケース

ケース1
・壊れていないのにたまたま入力されてしまった。

ケース2
・コンピューター内部のスピードセンサー回路の故障。

どちらにしてもスピードセンサーも消耗品のため再度ランプが点灯する恐れもあります。

E46後期のABSユニットの種類と見分け方

今回も動画でもご紹介します!

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問合せ 
メールでお問合せ

受付時間:10:00~18:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Send to LINE