ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

GM キャデラック ABS修理 / 走行時のみランプ点灯する症状

約 3 分

キャデラック

業者様からキャデラックのABS修理でお車をお預かりさせていただきました。

店長 永井
《停車時はランプが点かず、走行時にABSランプが点灯する》とご相談いただきました。
それでは早速診断していきます。

GM キャデラック ABS修理

診断

▼入力されていた故障コードがこちら
キャデラックABS修理

C0267 ポンプモーター回路 断線

原因がABSユニット内にあるポンプにあるとわかりました。

ABSユニット取り外し

キャデラックABSユニット

キャデラックのABSユニットは運転席下、車の左側の下についています。

キャデラックのABSユニットは、雨や泥に晒される箇所に装着されているため、頑丈に密閉シーリングがされています。
しかし、水没してしまった場合には対応できません。

ABSユニットオーバーホール

キャデラックABS
▲ポンプと基盤とモーターに分解したところです。

ポンプ修理

モーター内部にあるコイルの不具合を起こしているようです。
キャデラックABS

作動するものの回転数が足りないため、エラーを起こしていたことがわかりました。

こちらのコイルを交換します。

基盤修理

ABSコンデンサー

基盤部分は、コンデンサー、トランジスタの交換をします。

取り付け&エア抜き作業

キャデラックブレーキエア抜き作業

修理したABSユニットを取り付け、最後にブレーキエア抜き作業をして完了です。

店長 永井
停車時はランプが点かず、走行時にABSランプが点灯していたのは、モーターの回転数が足りないことが原因でした。同じような症状がある方もお気軽にご相談ください。

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ 
メールでお問い合わせ

受付時間:10:00~19:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Send to LINE