ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

VW ゴルフABSユニット修理 / ディーラーさんでは50万の見積もり

約 3 分

VW ゴルフABSユニット修理

VW ABS修理

VW ゴルフ ABSランプ点灯でご来店くださいました。

店長 永井
ディーラーさんでのお見積もり金額は約50万円だったそうです。少しでもコストが下げられればということでご相談くださいました。

それでは診断していきます。

診断

VASで診断

VW純正診断機VASで診断します。

▼入力されていた故障コードがこちら
01276

  1. 01314 エンジンECU
  2. 01130 ABS作動あてはまらない信号
  3. 01276 ABSハイドロリックポンプV64 故障
  4. 16352 ECU故障

《対処方法》
①、②、④ →「ABSユニット基盤交換」
③ →「ABSユニット機械的部分のオーバーホール」

店長 永井
ポンプはオーバーホールできますが、今回の場合は、基盤部分のみ新品交換になります。

VCDS

基盤部分を新品交換する場合は、最後にコーディング作業が必要になります。
事前準備として、診断機(VCDS)でコーディングデーターを抜き出しておきます。

ABSユニット修理

取り外したABSユニットを基盤と機械部分に分解し、それぞれ修理していきます。
ABSユニット

基盤を新品部品に交換します。

バルブシール交換

それと同時にバルブシールも交換。
機械部分はオーバーホールで対応しました。

コーディング作業

修理完了後、コーディング作業をします。

コーディング作業

コーディング

コーディングデーターの38文字のコードを入力し、初期コーディング。

5桁の暗証番号を入力

5桁のセキリティー解除アクセス番号を入力し、各種設定。

Input Valves

Input Valvesの調整をし、ブレーキ踏みしろなどを調整します。

MCI Valves

MCI Valvesの調整を実施して終了です。

店長 永井
今回の場合、基盤は新品部品と交換、機械部分はオーバーホールとなりました。
すべてオーバーホールできない故障内容でも、ディーラーさんでのお見積もりよりも大分コストを抑えられます。他社のお見積もりが高額でお困りの場合、ぜひ弊社にご相談ください。

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ 
メールでお問い合わせ

受付時間:10:00~19:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Send to LINE