ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

日産GT-R R35 ABS修理 埼玉県からご来店|新品部品の価格が値上がりしたようです!

約 3 分

日産GT-R R35

R35 GTR ABS

R35 GTR ABS修理で埼玉県からご来店くださいました。

新品部品価格の値上がり

『ディーラーさんの見積もりが高額だった』とのことで弊社にご相談くださいました。

新品ユニットの価格、以前は15万円以下だったのですが、現在は部品代だけで約26万円まで値上がりをしたそうです。
工賃も入れると30万は超えてしまいます。
そうなるとホーバーホールの方が大幅にお安くなります。

GTR

黒色でとてもかっこいいです。後ろからも撮らせていただきました。

私の通勤バイク ZX-14Rは結構早い方ですが、Youtubeで0-400対決でR35にはあっさりと負けてしまう動画がありました。
この車は別格ですね!


▲これらの警告ランプが点灯しています。

VDCシステム異常・・・BMWのDSCの機能に相当します。

GT-R R35のABSユニットは運転席前のこの辺にあります。


カバーを開けると見えてきます。


さらにグロメットを5つ外してカバーを外します。


ABS本体が現れます。

ブレーキパイプ、マスターシリンダー側2本を外します。

ABSポンプ〜ブレーキマスターのパイプを外します。

タイヤハウスの一部を外してABS本体が止まっているナット12mm3つを外します。


ブレーキパイプ全てを外し、ABSユニット本体を上から引き抜きます。


ここがボルトで止まっていたところです。


こちらがABSユニット本体です。オーバーホールします。


GTRのABSユニットを外した後は、圧送機で圧をかけながらブレーキエア抜きをする必要があります。


GTR専用の圧送機のSSTです。

GTR R35 エア抜きの注意点


R35 GTRのエア抜きの際にドレーンボルトが方輪に2つバルブが付いています。
片方だけ抜いてもエアが残ってしまうので注意が必要です。

合計8箇所からブレーキエア抜きを行います。

以上で全ての作業が完了しました!


最後にお車と一緒に写真を撮らさせていただきました。
Sさまありがとうございました。

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問合せ 
メールでお問合せ

受付時間:10:00~18:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Send to LINE