ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

VW ABS修理|ABSユニット取り外しのコツ

約 3 分

VW

VW ABS修理

VABSランプが点灯しているとのことでご来店くださいました。

VW ABSランプ

ABS・ESP・タイヤ空気圧・サイドブレーキランプが点灯していました。

診断

故障箇所特定のため診断していきます。

01276

入力されていた故障コードはこちら

  1. 01276 ABSハイドロリックポンプV64
  2. 01130 ABS作動あてはまらない信号

修理できる故障内容でしたので、ユニットを取り外します。

取り外し〜修理作業

バッテリーを外す

バッテリーとステーを外します

ABSユニット

バッテリーを外すとABSユニットにアクセスできるようになります。

ブレーキペダルを踏み込む

ABS取り外しのポイント

ABSユニットを外す際にブレーキパイプを緩めますが、そのときリザーブタンク内のブレーキオイルが垂れてきてしまうことがあります。
これを防ぐために、ブレーキペダルを遊びから2〜3センチほど踏み込んだ状態でキープさせておくと、ブレーキマスター内のピストンが動いて、リザーブタンクとの間にある通路を塞いでブレーキオイルがほぼ出てこなくなります。
ブレーキオイルを抜く作業より簡単にできるのでお勧めです。

 
取り外したABSを修理していきます。

01276 ABSハイドロリックポンプV64
▶︎ こちらの故障は、オーバーホールすることによって不具合の解消

01130 ABS作動あてはまらない信号
▶︎ ここはオーバーホールでは対応できない部分のため、基板の交換をしました。

これらの作業で、ABSの不具合は解消されました。

店長 永井
基板部分に関して、オーバーホールでは対応できない故障が一部のVWでありあます。
その場合一部新品部品と交換をするため、全てオーバーホール対応できるときより少し費用がかかってしまいますが、それでもディーラーさんでの新品交換に比べても大分お安くなります。

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問合せ 
メールでお問合せ
LINE でお問合せ

受付時間:10:00~18:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Send to LINE