ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

レガシィアウトバック ABS修理|オーバーホールでコストダウン

約 4 分

スバル レガシィアウトバック

レガシーABS修理

レガシィアウトバックのABSランプが点灯したとのことでご来店くださいました。

警告灯

点灯していたABSランプがこちら▼
レガシーABSランプ

  • ABS
  • VDC
  • サイドブレーキ
  • それでは故障箇所特定のために診断します。

    診断

    レガシー診断機

    診断機は汎用機のマキシシスを使用します。

    レガシーOBD端子

    運転席の足元にある、レガシィOBD端子に繋ぎます。

    C0052
    入力されていた故障コードがこちら

    C0052 ABSモーター故障
    店長 永井
    ABSユニット内のモーター部分の不具合が起きているようです。
    この故障コードの場合、弊社でオーバーホール対応が可能です。

    ABSユニット取り外し〜修理

    業者様向けに、ユニットの取り外し方もご紹介します

    レガシーABSユニット
    レガシィのABSユニットは、運転席前のこの位置にあります。

    ブレーキオイルを抜く
    リザーブタンク内のブレーキオイルを抜き取ります。
    こうすると、ブレーキパイプを緩めてもオイルが出てこなくなるので、作業がしやすくなります。

    ABSカプラー

    ABSカプラーを外します。
    赤いレバーを下に下げると自動でカプラーが外れます。

    ブレーキパイプを外す

    ABSユニットのブレーキパイプを外します。

    ボルトを外す

    ABSユニットが留まっているステーのボルト2本とナット1つを取り外します。

    レガシーABSユニット
    これでABSユニットが取り外せました。

    ABSユニット修理

    レガシーABSユニット

    輸入車のABSユニットと比べると基板部の形状が少し変わっています。

    レガシーABSコイル

    ABSユニットを基板とポンプに分解します。
    電磁コイルの取り付け方も輸入車と多少異なりますが、基板内部の構造は基本的には変わりません。

    ユニット内は経年劣化でダメになってしまう部品がいくつもあります。
    こういったものが原因で不具合を起こします。

    これらを修理してオーバーホールは完了です。

    修理を終えたユニットを取り付けます。

    ABSユニット取り付け

    ブレーキパイプを外す

    ブレーキパイプを取り付ける時の注意事項

    ブレーキマスターシリンダーのブレーキ配管部分が非常に硬いため、ABSユニットにブレーキパイプをはめるときにネジ山を壊してしまう可能性があります。取り扱いに要注意です!

    レガシー専用SST
    スバル車専用のSSTを使用してブレーキリザーブタンクに取り付けます。

    ABSユニット内部ブレーキ圧送
    最後に、ブレーキ圧送機を使用して、ABSユニット内部のエア抜き作業をします。

    以上ですべての作業が完了です。
    警告灯も消え、ABSユニットは正常に動作するようになりました!

    店長 永井
    弊社では輸入車のABS修理がメインではありますが、国産車の中には輸入車と同じメーカーのABSユニットを採用しているお車があります。
    スバル、マツダの一部車種、そして日産GT-Rなどもそうです。
    ABSランプが点灯してお困りの方、ディーラーさんでのお見積もりが高額でお困りの方、ぜひ一度ご相談ください。

    ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

    電話でお問合せ 
    メールでお問合せ

    受付時間:10:00~18:00

    ※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

    Share / Subscribe
    Facebook Likes
    Tweets
    Pinterest
    Send to LINE