ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

スバル アウトバックABS修理|オーバーホールで対応

約 3 分
記事掲載の許可をいただきましたのでご紹介させていただきます

スバル アウトバック

スバル アウトバックのABS修理でご来店くださいました。


▲点灯していたランプがこちら

  • ABS
  • サイドブレーキ
  • ESP
  • それでは診断機で故障箇所の特定をします。

    診断

    スバル診断機
    スバルの診断は汎用機オーテルを使用します。

    入力されていた故障コードがこちら

    C0052 モーター異常
    店長 永井
    この故障コードの場合オーバーホールで対応することができます。

    ABSユニットの取り外し

    アウトバックABS
    ▲こちらがアウトバックのABSユニット
    比較的周りに何もついていなくて、アクセスはしやすいです。

    脱着時の注意
    35GTRと同じくブレーキパイプが非常に固いため、慎重に脱着しないとネジをダメにしてしまいます。


    ▲取り外したABSユニット

    こちらをオーバーホールします。

    ユニット修理

    ABSユニットを基板とポンプに分解します。


    ※写真は別のメーカーのABSユニット

    それぞれ不具合を起こしている箇所を修理していきます。
    今回はモーター異常と診断に表示されていたように、ポンプ側に不具合が起きていました。

    ユニットの修理が完了したら車両に取り付け、各種設定をしていきます。

    修理後の設定作業

    修理後、まずは故障コードを消去します。

    続いて、ATの学習機能を設定してあげます。

    リフトアップして、ブレーキを踏んだりシフトを入れたりします

    何度かシフトを入れたりブレーキを踏んだりしてAT学習をさせてあげると正常に作動するようになります。

    以上ですべての作業が完了しました。

    店長 永井
    スバルレガシィは国産車ですが、輸入車と同じメーカーのABSユニットを採用しているため、弊社でも修理対応ができます。
    他社で修理した場合と弊社のお見積もり価格やお預け期間(弊社は当日修理)など比べていただくのも良いかなと思います。お気軽にご相談ください。

    ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

    電話でお問合せ 
    メールでお問合せ

    受付時間:10:00~18:00

    ※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

    Share / Subscribe
    Facebook Likes
    Tweets
    Pinterest
    Send to LINE