ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

R35 GTR ABS修理 ブレーキプレッシャー設定 2017/1/12

約 1 分

記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています

R35 GTR ABS修理

R35 GTR ABS修理でご入庫していただきました。
今回は待ちでの作業です。

GTR ABSランプ

GTR ABSランプがこちら
ABS
VDC
サイドブレーキランプ

横滑り防止
ビックリマークも点灯しています

GTRの診断にはオーテル(汎用機)を使用します。

R35 GTRのシステムは同じ日産でもシステムがちょっと違うために診断機の項目にもGTR専用があります

C1111 現在故障でポンプモーターの不具合が入力されていました。
O/Hで対応できます

運転席前のこちらのがバーを外すとABSユニットがあります。

ブレーキリザーバータンク内のブレーキオイルを上からバキュームで吸い取ります。

タイヤハウスをめくり、、、

ABSが取り付けられているナット12Mを3個外します。
タイヤハウスは外さなくても一部をめくるだけでABSのナットを外すことができます。

マスターシリンダー側に行っているブレーキ配管を外します。

マスターシリンダー側のブレーキ配管を外すとスペースが取れるので、外すことをお勧めします。
結果作業効率が上がります。

こちらのユニットをO/Hします。

R35 GTRの場合はABSユニットO/H後 キャリブレーションが必要です。
前後Gセンサー(加速度センサー)とブレーキプレッシャーセンサーを設定します

キャリブレーションの項目に入って、設定をします。

GTRのABSユニットO/H後の設定について

R35 GTRのABS修理後のキャリブレーションですが、専用の診断機があればそんなに難しいことではありませんが、テスターに慣れていないと余計におかしく壊してしまうことにもなりかねません。
専用の診断機をお持ちの工場さんに頼むか、日産ディーラーに頼みましょう!!

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ メールでお問い合わせ

受付時間:9:00~18:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly