ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

2015/8/8 アウディ A6 ABS修理 長野からご来店

約 3 分

本日のご依頼はまたまた遠方からご来店長野県から アウディ A6 ABS修理でご来店していただきました。

脱着する ABSユニットはこちら、ラジエータのサブタンクの下に隠れています。

まずはサブタンクをと入り外します。
走行直後は暑い熱湯なので注意!!

サブタンクを取り外すとABSユニットが見えてきます。

ブレーキのサブタンクにアクセスルルにはフロントガラス下のパネルを外すと出てきます。

アウディ A6のブレーキマスターは真ん中についています。
通常運転席前なので、珍しいですね!!!

マスターの脇に、ヒーターバルブが付いています。
ジャガー Sタイプに比べるとアクセスがよいので交換の時は楽チンです。

いきなりワープですが、取り外したところです。

アウディのABSを外すとブレーキ液が、、、、

アウディ、VWは、ABSユニットのブレーキの配管を外すとほぼブレーキが出てしまいます。
車両にもブレーキオイルが垂れてしまうので、後で水でよく洗浄しなくてはいけません。

床に垂れるほどブレーキ液が抜けてしまいました。

ブレーキパイプ周りに水は厳禁なので、ウエスでぐるぐる巻きにしてさらに防水処理をしてあげてから洗浄してください。
ABSユニットにつく配線カプラーも同様に防水加工が必要です。

ウエスで巻いて、ビニールを2枚重ね、さらにマスキングテープで巻けば完璧!!!!

ABSユニットとポンプを分解したところです。

基盤修理でよく使う部品はケースに入れております。

基盤の修理は配線の修理と部品を交換します。

配線が損傷してない場合はトランジスタを交換してあげればOK!!

トランジスタ4つ全部の数値がおかしいことはまずないのですが、消耗品なので全て交換してあげます。

故障コードによってはポンプモーター、プレッシャセンサーの交換が必要です。

今回入力されていたコードはこちら

そしてこちらがそのプレッシャーセンサーです。

アウディ A6 2005〜のABS修理は脱着がものすごく大変で時間がかかります。
そしてユニット自体の修理も時間がかかります。
最低4時間はかかりますので要予約が必要です。

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ 
メールでお問い合わせ

受付時間:10:00~19:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Send to LINE