ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

BMW Z3 ABS修理 2017/8/17 山梨県からご来店

約 2 分

BMW Z3 ABS

BMW Z3 ABS修理で山梨県からご来店していただきました。

点灯しているランプがこちら
ABSとASCの警告ランプを修理工場さんでバルブを抜く作業をして、ランプが点灯していません。

まずはABSユニット本体を外して修理します。

ABSユニットは助手席の前のエンジンルームについています。

取り外したところです。
BMW Z3の場合はポンプの電源が出っ張っているので、取り外しの際は注意が必要です。

メーターパネルを外すときは、ハンドルが邪魔で取り外しができません。
ステアリングコラム
ステアリング
を取り外すとこの状態になりメーターパネルが外れます。

メーターパネルを取り外したところです。

写真のバルブが入るところが抜いてありました。

新しいバルブを取り付けます。
ABS ASC共に1.2Wのバルブが使用されています。

エアバックユニットを取り付けて終了です。
無事、ABS,ASCランプが点灯しています。
故障コード消去で消灯して正常に作動しました。

警告ランプの電球を抜いても解決しません!!もちろん車検に通りません

稀に『ABSの電球をつかなくしてもらえますか?』
『 ABSの電球を抜いてもらえますか?』とお問い合わせいただくことがあります。

警告ランプが点灯しなければ車検に受かると勘違いしている方で、装備品のランプが点灯してその後消灯しなければいけません。
警告ランプが点灯しない(バルブ切れ)でも整備不良車で車検に受からないのです。
そして、故意的にバルブを抜いて車検を通すことは違法でペナルティを課せられます。
認証工場、指定工場でしたら営業停止になりかねません。

バルブを抜く行為はABS、ASCの安全な機能が正常に動いていると思わせる偽りの行為になるので絶対にやってはいけません。

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ 
メールでお問い合わせ

受付時間:10:00~19:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Send to LINE