ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

マセラティ グランスポーツABSユニット修理 同じ症状が2台同時に入庫です

約 1 分


マセラティABS修理のご依頼です。
同時期に同じモデルが入庫するのはよくあるのですが、マセラティABS修理で2台同時に入庫は初めてです。
同じ時期に同じく壊れることはたまにあります。
下記のようにユーザー様が修理をされる時期を選ぶケースもあります。

暑い時期はエアコンを使うのでエアコンの不具合に気づく
寒い時は逆にヒーターを使うので、ヒーターの不具合に気づく
寒い時期に路面スリップを気にして、ABSの修理をされる


マセラティの診断機を立ち上げます。

マセラティ診断機

OBDインターフェイスをつなぐ場所は運転席足元にあります。


コードP0501  CAR SPEED NO SIGNAL
スピードセンサーからの信号が来ていないということなので、スピードセンサー信号を受けているABSユニットの不具合と断定できました。


ABSユニットをとりはずします。まずこちらの黒いカバーを外します。


ABSユニットが見えて来ました、この状態でもまだカバーが邪魔なので茶色のカバーも外します。


外すカバーはこの2つだけです。

ボンネットダンバーを外さないとカバーを外すことができません。

片側だけのダンパーだと不安なので、ストッパーをつけて補助します。

こちらのフェンダーカバーはフェラーリ純正のカバーになります。
通常のタイプよりかなり厚手にできており、作業中の傷、汚れなどからしっかり守ってくれます。

ABSユニットが出て来ました。
この状態でもまだABSユニットのボルトにアクセスができないので、パワステタンクのボルトを外しよけておきます。

ABSユニット(黒い部分)がステーによって通常に外れないので、ポンプ本体を止めてあるビス2本を外します。

ABSの横についているこのボルトを外します。

このボルトがついています。


ボルトを外すと隙間ができるので、ABSユニットを取り外すことができます。


こちらのユニットをO/Hします。

店長 永井
マセラティのABSユニットの不具合の場合は新品交換の金額が約80万とかなり高額になります。ABSユニットをO/Hでなおせるケースが多いので修理での対応をお勧めします。修理で対応できるパーセンテージは下記表示しておきます。マセラティは他の車種に比べ修理で対応で切る割合が若干低いです。

修理対応パーセンテージ

BMW
95%
VW
90%
AUDI
90%
Maserati
70%

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ メールでお問い合わせ

受付時間:9:00~18:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly