ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

アウディ TT ESPユニット修理 2018-11-21

約 1 分

記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています

アウディ ESPユニット修理

アウディESPユニット修理のご依頼です。
当日ご連絡いただき、ご来店していただきました。
平日はご予約で埋まっていない限り、当日のご連絡でも対応できる事が多いです。

まずは診断機をつなげて故障診断です。
OBDの場所は運転席下にあります。


アウディ純正診断機VASを立ち上げます。


点灯していたランプがこちらABSと


車が揺れているようなランプがESPランプです。


入力されていた故障コードです。
01276 ABSハイドロリックポンプV64 電気的故障


ABSユニットを取り外します。
装着場所はエンジンルームの左側奥にあります。


ブレーキパイプを外します。

ブレーキパイプを外す前にやっておくこととは?

TTの場合は、マスターシリンダー内のオイルを抜いただけではABSユニット内部のオイルが抜けることはないので、ブレーキの配管を外す前に、4輪ブレーキキャリパーからブレーキオイルを全て抜いておくとABS配管を外すときにエンジンルームがブレーキまみれにならなくて済みます。


取り外しができました。
こちらのABSユニットをO/Hします。

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ メールでお問い合わせ

受付時間:9:00~18:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly