ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

アウディ TT ABS修理&車検整備 2021-2-26

約 4 分

アウディ TT

アウディTT ABS修理

アウディTT ABS修理でご来店くださいました。

お客様からのご相談内容

ディーラーさんでのお見積もり金額より、コストを抑えたい▼

ディーラーさんの見積もり内容
・ABS修理 約50万円
・ABS修理+車検 約90万円

ーといったご相談をいただきました。
同じ内容のABS修理+車検整備をしても、ほとんどの場合、ディーラーさんのお見積もり金額よりはコストを抑えられます。

それでは、ABSの故障診断からしていきます。

ABS修理

診断

▼入力されていた故障コードがこちら
01276

01276 ABSハイロポンプV64電気的故障

ポンプ部分の故障コードでした。
今回は、ポンプのオーバーホール + 基盤部分の予防修理をしていきます。

基盤とポンプ

POINTABSランプが点灯してから、しばらく放置すると、修理出来なくなるケースもあるので、ABSランプが点灯した場合は、お早めに診断と修理を。
点灯だけでなく、点いたり消えたりしている場合も同じです。
店長 永井
ABSランプが点灯する前の段階で、長持ちさせるための予防整備としてご依頼くださるユーザーさんもいらっしゃいます。

ABSユニット取り外し

▼ABSユニットを外したところ
ABSユニットを取り外します。

ブレーキオイルが垂れると腐食の原因になるため、予防として配線の部分にウエスを引いておきます。
とりはずしたABSユニットはオーバーホール完了しましたので、車検整備に移ります。

車検

TTドライブシャフト

ドライブシャフトブーツがパックリ割れ、中のグリスが飛び出していました。グリスが出ていると車検に受かりません。

ハンドルを切ると連動してジャバラの部分に負荷がかかるので、いつかは切れてしまいます。
そのまま放っておくとグリス内に砂や小石が入り、大きな音の原因になったり、最悪の場合ボールベアリングが破損してしまいます。

ドライブシャフト

ドライブシャフトブーツを外すとボールベアリングが出てきます。
こちらを分解して清掃。その後組み付けます。

TT ドライブシャフト

そして、アウター側のブーツが切れていました。
ハンドルを切る際に負荷がかかるので、外側のブーツは傷みやすく切れやすいです。

こちらも交換をして、車両に取り付けます。

ドライブシャフトブーツ

グリスやエンジンオイルの漏れで車検に受からないケースがよくあるため、特に注意して点検しています。
ヘッドライトテスターサイドスリップテスターなどの完成検査も実施し、車検に受かりました。

ディーラーさんでのお見積もりでは、ABS修理+車検で90万円でしたが、今回弊社ではディーラーさんのお見積もり価格の約2/3で完了しました。
※ その年によってパーツなどの価格変動はあります。

店長 永井
今回はABS修理と車検整備を実施しました。
ABS修理のご依頼をいただく機会として、《車検に通らないため、同時に修理する》というケースがとても多く、全体の1/5ほどです。
車検に通すため修理する、というよりは、安全装置であるABSが機能していないから修理するという方が何より安全です。放置時間が長ければ長いほど、オーバーホールで対応できなくなるケースもありますので、なるべくお早めに診断と修理をお勧めします!

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ 
メールでお問い合わせ

受付時間:10:00~19:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Send to LINE