ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

レガシー ABSユニット修理 2018/6/30 ディーラーさんからご紹介

約 1 分

記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています

レガシーABS修理

レガシーABS修理でご来店していただきました。

点灯していたランプがこちらです。
ABS
ESP
パーキング
エンジンチェクランプ

故障しているユニットの一覧です。
パーキングブレーキシステム
パワーステアリングシステム
この2つはABSユニットの不具合で入力されてしまうので、ABS修理で改善されます。

オレンジ色のレバーを下に下げるとカプラーが外れます。

ここまで下げると外れます。

外したカプラーは万一ブレーキオイルがかかるのを防ぐために上の方に寄せておきます。

国産車なのでブレーキパイプが10mmと12mmを使用しています。

こちらが外したABSユニットです。

外した後になります。

レガシーABSユニットを外す時のポイント

レガシーのABSを外すときは、フロントキャリパーのブリーダーからブレーキオイルを抜けばABSを外す時にオイルがほぼ出てこないので、ABSを外すときはフロントからオイルを抜くのがコツになります!!

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ メールでお問い合わせ

受付時間:10:00~19:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly