ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

スバル レガシーABS修理 2018/5/21

約 1 分

記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています

スバルレガシーABS修理

スバルレガシーABS修理でご入庫していただきました。

スバルの場合は汎用機のオーテルを使用します。

ABSユニットの不具合とパーキングブレーキの不具合が入力されています。
パーキングブレーキ系統の故障はABSに付随しているもので、ABSの修理で改善されます。

C0052 モーターの異常コードが入力されていました。

こちらはいろいろな設定をする画面です。
ABSの故障でオートマの初期設定をする場合はここの項目を使います。

弊社輸入車がメインなので、この絵が出てくると懐かしい感が出ます。
輸入車はスタットボルトなので、、、

レガシーのABSの場合はマスターシリンダーリザーブタンク内のブレーキオイルを抜けばブレーキの配管を外してもあまり垂れません。

こちらが修理するABSユニットです。ブレーキマスターとリザーブタンク,ABSのステーの形状からR35GTRのABSユニットと似ています。

こちらは取り外したところになります。
ほぼブレーキオイルは垂れてきませんが、一応ウエスを引いておいた方がよいでしょう!!!

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ メールでお問い合わせ

受付時間:9:00~18:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly