ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

VW ゴルフABSユニット修理 01486 システム機能点検実行のコードは面倒 

約 1 分

記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています

VW ゴルフ ABS修理

VW ゴルフ ABS修理でご来店していただきました。

今回は新品部品を使用するので前もってコーディングデーターを抜いておきます。
コーディングが必要な時は、全てのユニットのコーディングデーターをぬきとり、お客様毎に保存しているので何かあった時すぐ対応できます。

コーディングがされていないとこのようなエラーコードが入力されます。

ブレーキプレッシャーの項目を設定しています。
ブレーキの踏む力を数値化して設定をしています。

ここでVW純正診断機VASから汎用機のマキシシスにチェンジしてコーディングします。
特に意味はありませんが一番効率の良い、早い設定方法を探しているためです。

ステアリングアングルセンサーの設定をします。

グレード、モデル、などによって項目を選びます。

基本調整の時はアクセスキーを入力してログインすれば、調整ができるようになります。

01486 システム機能点検実行

このエラーが入ってしまうと、ハンドルを90度以上切って30キロぐらいのスピードで旋回しなくてはなりません。
夜9時を回っていたのですが、お客様と一緒に都筑インターで設定をしました。

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ メールでお問い合わせ

受付時間:9:00~18:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly