ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

VW ゴルフ6 ABS ESPユニット修理 20019-9-3

約 3 分
記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています

VWゴルフ6 ABS修理

VWゴルフ6 ABS修理でご来社いただきました。

VWバッテリー

バッテリーの後ろ下あたりにABSユニットがあります。

VW ABSユニット

ブレーキ配管を外し、コネクターを外します。

バッテリーを外す

バッテリーとステーを外すとABSにアクセスしやすくなります。

修理するABSユニットです。

こちらが修理するABSユニットです。

ブレーキ圧送機でエア抜き作業

組み付け後にブレーキ圧送機でエア抜き作業をして終了です。

続いてBMW E46後期 ABSユニット修理

BMW E46 ABS

続いてBMW E46 ABSユニット修理作業に入ります。
こちらは基盤部分の新品交換作業です。

ASCユニット

こちらが交換するASCユニットです。

交換後はコーディング作業

交換後はBMW純正診断機でのコーディング作業が必要になります。

コーディング終了

コーディング後は正常に終了したか、各項目をチェクして完了です。

今日の設備紹介

エンジンクレーン

エンジンクレーン

エンジンクレーン

本日紹介するのが移動式のエンジンクレーンです。
こちらのクレーンは、認証工場取得の際に必要な設備であまり使わないと思いましたが、かなり丈夫でしっかりしたものを購入しました。
実はまだ車の整備には使用していなく、私個人のバイクのタイヤ交換などで一度使用しただけです。

門型エンジンクレーン

店長 永井
エンジンクレーンはもう一台あって、フェラーリの後ろにあるオレンジ色の門型クレーンを作業で使用している時が多いです。
フェラーリのディーラーさんも同じものを使用しており、フェラーリ整備用で購入しました。
フェラーリ512等のエンジンを上抜きするときには安定している門型でないと厳しいです。

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ 
メールでお問い合わせ

受付時間:10:00~19:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Send to LINE