ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

VW ゴルフ ABSユニット修理 リコール対象外の車両でECU交換 VWディーラー価格より大幅コストダウンできました

約 1 分

記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています

VW ゴルフABS修理でご来店していただきました。
今回の車両はリコール対象外でしたので、基盤部分は交換での対応になります。

VW ABS故障コード

入力されていたVW ABS故障コードです。

16349 ECU故障
01130 ABS作動当てはまらない信号
01276 ABSハイドロリックポンプ(V64)故障 

基盤を新品にするので、コーディングデーターを抽出する作業をします。

ABSユニットを取り外します。
バッテリーの後ろあたりにあります。

バッテリー、とステーを外します。

電源カプラーを外します。
固い場合はドライバーなどでこじります。

続いてブレーキの配管を外します。
フレアーナットレンチを使います。

ブレーキパイプを緩めると多少ブレーキオイルが出てしまうので、カプラーは上の方に固定させておくか、ビニール袋に入れて濡れないようにします。

ABSユニット

黒い部分がABSユニットの基盤です。
この部品を新品に交換します。

電磁コイルが当たる部分、ポンプの部分のシャフトについている黒い丸いシール12個を新品に交換します。

VWディーラー診断機 VASを使ってコーディングをします。

設定画面になります。アクセス権を入力してあげます。

こちらの入力画面で、アクセス権の数値を入力して解除します。

ブレーキプレッシャーの設定をしている画面です。
この設定をしないと、ABSランプが消えないのもありますが、正常なブレーキの圧力を検知しなくて、ちょっと踏んだだけでロックしてしまったりするので設定をしないと危険です。

16〜146ぐらいまでの様々な数値の入力(ブレーキ操作)を求められます。
30回ぐらいのブレーキ操作をします。
結構慣れてくると楽しいです。

当日作業でも可能です。

今回のお客様は買い替えも検討していたのですが、ABSユニットの一部交換 O/HでVWディーラー価格より大幅にコストを下げることができたので、廃車になるまで乗りつぶす決断をしていただきました。
コーディング作業は時間がかかるために当日にお渡しが難しいのですが、弊社では遠方からのお客様もいらっしゃるのでなんとか当日にお渡しをするようにしています。
数日間お預かり作業と言われて困っているユーザー様はご相談ください。

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ メールでお問い合わせ

受付時間:9:00~18:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly