ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

5/19 ジャガーSタイプ エアコン効かない

約 1 分

ジャガーエアコンモジュール修理

ジャガーSタイプエアコン修理で埼玉からご来店して頂きました。

症状は、運転席はエアコンが冷えるが、助手席側から熱風が出てくる全くとんでもない症状!!

まずは、エアコンモジュールの基盤を修理します。
助手席のダッシュボードを取り外すと上の方に付いています。

お弁当箱位の大きさかな?この中に基盤がつまってます!!

ヒーターバルブ

続いてヒーターバルブの交換作業!こちらは、熱いラジエータ液を室内に送って、暖房にする時に使う部品で、電子弁です。
これが壊れると、熱いラジエータ液が室内に絶えず流れっ放しになるような症状になり、夏でも暖房という恐ろしい症状になります。

こちらがヒーターバルブ!ラジエーターの脇の下の方に付いており、取り外しは結構大変!!

Sタイプのエアコン不良は、夏に暖房で危険

ジャガーSタイプによくある症状で、運転席、助手席の温度が違う、風が出ない、等ありますが、危険なのは、エアコンつけると暖房になってしまう症状です。
この症状は、エアコンモジュールとヒーターバルブが壊れていて、起きる症状で金額もかなりかかります。
エアコンモジュールの基盤をオーバーホールして、ヒーターバルブをOEMの部品にすれば、かなりの費用を抑えられますので夏本番前に壊れているユーザー様は、お早めにご依頼してください。
6、7、8月は通常より在庫数を多めにして設定しております

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ メールでお問い合わせ

受付時間:9:00~18:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly