ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

GTR R35 VDCユニット修理|名古屋からご来店

約 3 分

日産GTR R35

GTR VDC修理

GTR VDC修理でご来店くださいました。
今回は業者様向けに、ABSユニットの取り外し手順をご紹介したいと思います。

点灯していたランプ

  • ABS
  • VDC
  • サイドブレーキ
  • アップエンジンフード警告灯
  • インフォメーションには、ABS異常と表示されています。

    ではABSユニットを取り外していきます。

    ABSユニットの取り外し

    まずは、ブレーキオイルを抜き取ります。

    外側2つを外してパイプを取り外します。

    ブレーキマスターのパイプを外します。

    ブレーキパイプを外します。
    パイプ内にブレーキオイルが入っているので、取り除いておきます。

    店長 永井
    先に取り除いて置くことで、取り付け時にブレーキオイルが流れ出てくるのを防ぐことができます。

    タイヤハウスをめくり、ナット3つを外します。

    ABSユニット本体は、ナット3つで止まっています。

    この部分がタイヤハウス側から止まっています。

    ブレーキパイプを取り付ける順番

    ABSユニット側のナットが締めずらく回しにくいため、外したブレーキパイプは、ABSユニット側から締め込みます。
    溝を舐めてしまわないようにするためでもあります。

    ABSユニット側を取り付けた後にブレーキマスター側を取り付けます。
    マスター側は比較的ネジが回りやすいのです。

    ABSユニット取り付けの際の注意点

    店長 永井
    GTRのブレーキパイプ装着時は、ネジが硬くまっすぐ入っているのに、なかなか回って入ってくれません。
    手である程度までネジを締め込んでから工具で回してください。

    ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

    電話でお問合せ 
    メールでお問合せ

    受付時間:10:00~18:00

    ※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

    Share / Subscribe
    Facebook Likes
    Tweets
    Pinterest
    Send to LINE