ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

11/26 ジープ ABSユニット修理

約 2 分

ジープチェロキーABS修理でご来店です。

ジープABSユニット取り付け場所

ジープABSユニット取り付け場所はこちら、エンジンルームの左側、ウオッシャータンクの下あたりにあります。

ジープABSユニット

ジープABSユニット取外した所、ハイドロポンプとユニットが一体型になっているために、ブレーキの配管を外します。

ブレーキの配管を外すために、最後にブレーキエア抜き作業が必要です。

ハイドロポンプ一体型のユニットの取り外し

ブレーキパイプは年式とともに錆び付いたり、固着していたりする場合がありますので慎重に緩めます。
非常に堅い場合は、一気に力を入れて緩めずに閉めたり緩めたりを繰り返すとうまく外れます。
錆び付いたネジを外す場合は、軽くハンマーでコツコツと叩くと錆が撮れて緩みやすくなります。

こちらは郵送でのご依頼BMW Z3 ABSハイドロポンプ修理のご依頼
先ほどのジープのABSと似ていますが、カプラーが丸いのがBMWの特徴です。

ジープのABSユニット修理について、、、

ジープの場合は、年式によりハイドロポンプとユニットが一体式になっている車種があります。
その場合は、ブレーキエア抜きの作業も追加になるので、最短でも半日は必要です。
遠方のお客様で、どうしてもその日中にもって帰りたいお客様は、前もってご連絡ください。

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ 
メールでお問い合わせ

受付時間:10:00~19:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Send to LINE