ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

ジープ ABS修理 2021-2-16

約 3 分

ジープ ABS修理

ジープABS修理

ジープABS修理のご依頼をいただきました。

お客様からのご相談内容

事前にディーラーさんでお見積もりをしたところ……

・お見積もり金額約30万円
・新品交換しても10年程でまた同じ症状が起きる可能性があると言われた

また故障するのであればもう少しコストを抑えることができないだろうか

店長 永井
弊社のオーバーホールは対策部品交換のため、修理後のABS故障再発の確率は0.03%ととても低く、更にコストを抑えることもできます。

▼参考記事:ABS故障再発の確率は0.03%

診断〜修理

▼こちらのランプが点灯していました
ABSランプ
それでは診断をしていきます。

診断

▼入力されていた故障コードがこちら
C2116

C2116 ABSポンプモーター電源低電圧

オーバーホールで対応できる故障内容でしたので、ユニットを取り外していきます。

ABSユニット取り外し

▼ジープのABSユニットの場所はこちら
ジープABS

少し奥まった箇所に取り付けられています。

ジープABS

エアクリーナボックスを外すとABSユニットが現れます。

ジープABS

ABSユニットの下にハーネス類があります。ブレーキオイルがここに垂れると腐食してしまいますので注意が必要です。
前もってブレーキリザーブタンク内のオイルを抜いておくか、受け皿を引いておくなどの対策をします。
万一ハーネス類にブレーキオイルが付着してしまった場合は、ブレーキクリーナーや水で洗浄し、最後にエアガンで水気を完全に取り除いてください。

ジープABS

こちらがジープのABSユニットです。
基盤とポンプをオーバーホールして完了です。

店長 永井
アメ車のABSユニットの新品価格は欧州車に比べると安くはなっていますが、トータルで30万円程の金額になります。さらに、対策されていない部品が多いため10年後に症状が再発する可能性もあります。コストや再発の恐れなどを考えると、弊社のオーバーホールがおすすめです。

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ 
メールでお問い合わせ

受付時間:10:00~19:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Send to LINE