ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

BMW E90 ABSランプ点灯修理 2017/1/6

約 3 分

BMW E90 ABSランプ点灯修理

BMW E90 ABSランプ点灯修理でご来店です。

点灯しているランプがこちら
ABS
DSC

BMW ABS

ABSは運転席前についています。

こちらがO/Hする ABSユニットです。


写真は Ate FB30SR
ブレーキ圧送機でエア抜き作業をします。

フットブレーキでもエア抜きは可能ですが、ブレーキマスターシリンダーのシールを痛めてしまう可能性がある為に圧送機を使用します。

ブレーキリザーバータンクからブラケットを接続してブレーキオイルを圧送します。

1箇所あたり、20秒ほどで抜けます。
2周回るので、計8箇所エア抜き作業をします。

ABSユニットを外した場合のエア抜きは?

通常の車検時などのエア抜き作業は余程でない限りエアが入っていることはありませんので、4箇所からのエア抜きで大丈夫ですが、ABSユニットを外した場合はエアの混入が多い為にきっちりと圧送機でのエア抜きが必須になります。通常フットブレーキのエア抜きでも抜けますが、確実に抜く方法は圧送機です。

CBSの設定をします。

スタンドさんで車検をしたとのことで、CBSの設定をしてあげます。ブレーキパット交換とエンジンオイル交換されていたので、、、、

リヤパット 4%→100%
エンジンオイル 1%→100%
ブレーキフルード 0%→100%


このように設定をします。

スタンド車検について

今回のお客様はスタンドさんで車検を受けてそのあとABSが故障してご来店していただきました。今回のスタンドさんの車検では、技術的にあまり満足できなかったとのことで次回は弊社での車検をご希望していただきました。

弊社では元BMWのメカニックが整備します。
そして診断機、圧送機など整備に万全なシステムを導入しておりますので、、ディーラーさんに負けない整備ができますので、BMW オーナー様は安心して車検整備もご依頼してくださいね !!

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ 
メールでお問い合わせ

受付時間:10:00~19:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Send to LINE