ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

BMW E93 ABSランプ点灯修理 スピードセンサー回路か??

約 1 分

記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています

BMW E93 ABS

BMW E93 ABSランプ点灯で修理依頼です。

左フロントスピードセンサーの故障コードが入力されていました。
ご依頼していただいた修理工場さんが新品のスピードセンサーに交換しても同じ故障コードが入力されているとのことでした。
そうなると次に基盤を疑うのですが、弊社でも一応純正新品のスピードセンサーを取り付けてリセットしてみたのですが、同じくフロント左の故障ランプが、、、、

ABSユニットを外し、基盤をチェックしていきます。

コンデンサーを交換するときはこちらの挟み込みタイプのはんだごてを使います。
これを使用すると片方ずつハンダを溶かして外す方法より確実に外せます。
しかも両方いっぺんに外してしまうので、基盤の土台の剥がれなどの致命傷を防ぐことができるので基盤修正には必須です。

こんな感じで挟み込んで使います。

こちらは10年前後でパンクしてしまう電解コンデンサーです。
この部品は正常であっても、いつ壊れるかわからないので弊社では正常値を示していても全て新品に交換して今後壊れないように対策しています。

電解コンデンサーは10年前後で寿命が来てしまうのですが、画像の赤い色の部品はセラミックコンデンサーでこの部品はほとんど壊れることはありません。

今回の故障は、ABSユニット内部のスピードセンサー回路の部品が壊れたのが原因でした。

ABSセンサーか基盤か、判断方法とは

弊社に入庫してくるお車はディーラ診断機によって故障箇所が断定できます。
稀に、今回の事例のような場合もありますが、
①本体の故障(ABSユニット)
②本体までの配線、カプラー
③ユニットに情報を送るセンサー類 (スピードセンサー等)

大きく分けると上記の故障箇所になります。
弊社は基盤の修理を専門に扱っているので、①のケースだと基盤を直接開けて判断するので比較的すぐ判断できます。
修理工場でもあるので、③のケースの場合もセンサー類の抵抗値を測定すればすぐ判断ができます。
②のケースが一番時間がかかり、各ユニットと分岐している本体のECU等の故障のケースもあるので例えばABSの故障履歴があっても、 ECU,ミッションユニットなどの不具合でABSランプが点灯するケースもあり得るので一番時間がかかるところになります。

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ メールでお問い合わせ

受付時間:9:00~18:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly