ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

ベンツC200 ABS修理 | メーカー部品供給終了のため修理で対応

約 4 分

ベンツc200ABS

ベンツC200 ABS修理ご来店くださいました。

お客様
ディーラーさんで診断をしたが、ベンツC200のABSユニットは部品供給が終了しているため対処できないと言われ困っていた。Jスクエアではオーバーホールできると知り、相談しました。
店長 永井
ユニットの部品供給が終了してしまっている場合は、オーバーホールでの対応、またはお車の買い替えになっています。
今回の場合は、弊社のオーバーホールで対応ができましたので、故障コードや作業手順など合わせてご紹介します。

ベンツ C200 ABS 診断〜修理

▼点灯していたランプ
ベンツABS

ABSランプ

診断

ベンツ診断機

1997年モデルのOBD16端子でなく丸型のインターフェースを使います。

▼入力されてた故障ランプ
ベンツABS故障ランプ

  1. C1304 リヤアクスルソレノイドバルブ圧力保持
  2. C1305 リヤアクスルソレノイドバルブ圧力減少
  3. C1200 ブレーキランプスイッチ
  4. C1300 左フロントソレノイドバルブ圧力保持
  5. C1302 右フロントソレノイドバルブ圧力保持
  6. C1301 左フロントソレノイドバルブ圧力減少
  7. C1303 右フロントソレノイドバルブ圧力減少

店長 永井
①②④⑤⑥⑦は、基盤修理で対応。③はブレーキペダルのセンサー交換対応になります。

ABSユニットの取り外し&修理

カプラーを外す

電源カプラー+ボルト4本を外すと、基盤を取り外すことができます。

こちらが修理するABSユニットです。

ベンツABS

丸い部分が、今回入力されていた故障コードのソレノイドバルブ電磁コイルです。

ABSユニット修理&再診断

ABSユニットはオーバーホールが完了しましたので、再度診断します。

ブレーキランプスイッチ

ブレーキランプスイッチの不具合が残っているため、ブレーキランプスイッチを交換します。

ブレーキランプスイッチの交換

店長 永井
ABS修理後に残った故障コード『ブレーキランプスイッチ』
今回は【ABSユニットの故障+ブレーキランプスイッチの不具合】でしたが、【ABSユニット基盤の不具合のみ】でも入力されることがあります。
そのため、ブレーキランプスイッチの故障コードが入力されていても、先にABSユニットの修理をし、それでも故障コードが残った場合のみ交換した方が確実です。
先に交換してしまうと、ブレーキランプスイッチが故障していなかった場合、余計な費用がかかってしまいます。

ブレーキランプスイッチ

運転席足元のカバーを外します。

ブレーキランプスイッチ

こちらのブレーキランプスイッチを交換して修理完了です。

ブレーキランプスイッチの故障でABSランプが点灯している場合のよくある症状

  • ブレーキを踏んだ時にランプ点灯
  • 走りはじめたらに点灯

走りはじめに点灯する場合はスピードセンサーの不具合と似ていますので、診断機での判断が必要です。

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ 
メールでお問い合わせ

受付時間:10:00~19:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Send to LINE