ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

アウディ TT ABS修理 他社修理後ランプが消えない!! 解明動画!

約 2 分

アウディTTABS

アウディTT ABS修理で他社で修理後ABSランプが消えず弊社に入庫していただきました。

基盤の部分は手付かずでしたので、弊社で修正が可能です。
モーター部分がシールされていたのですが、ちゃんと組み込まれていなく破損しております。

コイル装着部分

これは危険!!
モーター軸のコイル入る所に施工時に混入していたのか鉄クズがベアリング内に混入されています!!

店長 永井
モーター軸受けベアリングにはちょっとしたゴミの混入などが破損につながるので、注意が必要です。弊社ではいくつかの確認の項目を設けて、施工後10年以上は正常に動作するようにしています。

混入された鉄くず

こんな小さな鉄くずでも、ベアリングの隙間に入ってしまうと確実に破損してしまいます。


動画のモーター回転数テストでもわかるように、施工に仕方によってコイルに流れる電流が変化してしまい正常作動する回転数を下回りしてしまうケースが多いです。もちろんその場合はABSランプも消えません。
Jスクエアでは、新品部品をデーター収集するために全ての項目で分解!! 動作基準となる回転数を把握して修理品を新品の回転数にあわせることにより正常な作動となります。

基盤の部品交換

基盤の部分は手付かずだったのでセーフでした。
寿命のある電解コンデンサー,トランジスタを交換します。

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ 
メールでお問い合わせ

受付時間:10:00~19:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Send to LINE