ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

アウディ A3 ABS修理|おすすめの機材・設備で車のパフォーマンスも向上

約 4 分
整備ブログでは、実際にご依頼いただいたケースのご紹介とともに、業者様向けに該当の車種のABSユニットの取り外し方もあわせてご紹介しています

アウディA3

アウディA3 ABS

アウディA3 ABS修理のご依頼をいただきました。

ABSランプ
▲ABSランプが点灯しています。

診断

01276
入力されていたコードはこちら

01276  ABSハイドロリックポンプ V64 電気的故障

店長 永井
オーバーホールで対応可能な故障でしたので、ABSユニットを取り外していきます。

取り外し〜オーバーホール

アウディABSユニット
ABSユニットを取り外します。

修理するABSユニット
▲こちらが取り外したABSユニット。

アウディABS
このように、ABSユニットはポンプと基板部分で構成されていますが、通常ディーラーさん、修理工場さんでは、『ABSユニットごと』交換します。その場合、部品が高価なのでお見積もりが50万円! というケースをよく聞きます。

弊社では新品部品交換ではなく、分解し故障している箇所をそれぞれ修理しているため、新品交換の約1/3〜1/2の価格で修理が可能です。

店長 永井
ここから、ABSユニット修理の一部を詳しくご紹介します。

ABSユニット

まずは……基板修正の前にスレで細くなっている端子を交換します。

ABS修理工具

色々なユニットの端子に対応できるよう、様々なサイズを取り揃えています。

ABS端子

今回はこちらの平型を使用します。素材は金メッキで、通電性がさらに良くなります。

ABS コンデンサー交換

こちらは基板部分のトランジスタの交換。

コンデンサー交換

そして、コンデンサーの交換もします。

電解コンデンサー
▲電解コンデンサーを取り外したところ。

電解コンデンサー

電解コンデンサーの足は下側についています。
基板側と足部分にハンダをつけておくと実装しやすくなります。

コンデンサーようハンダゴテ

コンデンサー実装にはこちらのはさむタイプのハンダゴテを使用します。
HAKKO FX8804(26V-65W)

挟みます。

コンデンサー実装

このように挟んで両方の足に熱を加えて実装すると正確に取り付けることができ、時間短縮にもなります。

はんだステーション

こちらの半田ステーションにヘッドを取り付けられるため、ハンダゴテ、半田吸引、フローなど全ての実装作業ができ、大変便利です。

修理したABSユニットを取り付け、最後にエア抜き作業をします。

エア抜き作業

圧送機でのエア抜き作業

エアぬき作業

ブレーキ圧送機を使用すれば、ESPユニット内部のエアーを完全に抜き取ることができます。

以上で全ての作業が完了しました!

同業者さまへのおすすめ機器

ブレーキ圧送機

弊社ではAte製品 FB30のブレーキ圧送機を使用しています。

こちらの機器はABSユニットのメーカーと同じなのでAUDIのESPの機能のユニットのエア抜き作業に最適です。

ESPユニットの回路を壊さずに完全にエアを抜くことができるので、納車後に『エアが入っていてブレーキがふわふわする』 『ブレーキの効きが悪い』などのトラブルを防ぐことができます。阿部商会さんが日本代理店をしていて定価25万ぐらい、修理工場さんの卸価格が20万ぐらいです。

店長 永井
車検時のエア抜き作業にももちろん使用できるので、ユーザー様から『ブレーキのフィーリングが良くなったよ〜』といった喜びのお声もいただくことも多くあります。弊社一押しの圧送機です。

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ 
メールでお問い合わせ

受付時間:10:00~19:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Send to LINE