ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

BMW E90 ABS修理 舵角センサー交換 2017/1/19

約 3 分

BMW E90 ABS修理で弊社から近くのユーザー様ご来店です。

ABSユニットの場所がこちら、運転席前のこのカバーを外すと出てきます。

こちらカバーを外したところです。
ブレーキの配管を外して取り外します。

11mmのフレアナットレンチでブレーキパイプを外します。

これが、DSC、ABSユニットです。

DSCユニット修理後
故障コードが残ってしまいました。

舵角センサーの不具合があるのでリペアキットで対応します。

トルクスレンチでエアバックのラッチを外します。

エアバックユニットが外れました。

16mmのボルトを外します。

外すと切り欠きがあるので、取り付けの時は位置を合わせます。

カプラー2つを外してハンドルを取り外します。

ステアリングコラムカバーを外します。
プラスチックのレバーを使うと傷つかないで作業できます。
この状態から軽く叩けば外れます。

下側だけ外します。
上側は外さないでOK

こちらがSZLです。
ボルト4本で止まっています。

カプラ−2つが付いているので外します。

上側のカバーを外します。

このカバーの中に舵角センサーの円盤が入っています。

こちらを交換します。

センサー受光部を取り外します。

円盤を外したら、付属の注射器に入っているグリスを塗ります。

新しい円盤を取り付けて、受光部も新品を取り付けます。

アクティブステアリングの設定をします。

ステアリング0点
センターの位置を覚えさせます。

ステアリングを±10度 左右に動かして、セッティングします。

設定完了!!

舵角センサー交換後は、、、必須作業です

舵角センサーリペアキット交換後はアクティブステアリングの設定が必要です。
交換後も警告ランプが点灯しているので、設定をしてあげると警告ランプは消えます。
ディーラーさんで設定はしてもらえるのですが、弊社でも設定できるので舵角センサーの交換も日帰り作業OKです。

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ 
メールでお問い合わせ

受付時間:10:00~19:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Send to LINE