ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

BMW Z4 ABSユニット修理 愛媛県から10時間かけてご来店いただきました!!

約 1 分

記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています

BMW Z4 ABSユニット修理で愛媛県からご来店していただきました。
レビューでお値引きのご協力をお願いしていただきましたのでぜひ動画も見てください。

Z4 ABSユニットの場所がこちら
ボンネットを開けて運転席のマスターシリンダーの下にあります。

Z4のABSはエアコンの配管が邪魔をして上から外すことができないために、タイヤハウスを一部ずらし、下から取り外します。

取り外し完了です。
こちらをオーバーホールします。

ブレーキリザーバータンク内のブレーキオイルを上から吸いとり、ABSユニットを取り外した時に少しオイルが垂れるのでブレーキクリーナで清掃します。

店長 永井
ブレーキクリーナーで清掃するときはDSCカプラーの電極に直接かからないように注意してください。
もしカプラー内部の電極部分にかかってしまった場合は、接点復活剤などを噴霧すればOKです。

ABSユニット修理後、ブレーキのエア抜き作業に入ります。
このときATE製の圧送機が必要です。

また、ブレーキオイルのグレードをAte製 SL-6を使用します。
このグレードのオイルはDSC,ESPの機能を正確に発揮するために作られているオイルです。

4輪全てのキャリパーからブレーキオイルを圧送して作業完了です。

3年ぶりにABSランプが消えて、ストレスなく運転できます。
ありがとうございました。
店長 永井
Kさま本日は10時間もかけて弊社にご来社いただきありがとうございました。
また動画でレビューのご協力感謝いたします。バイクをお乗りになるとのことでまたこちらの方に遊びに来るようなことがありましたら遊びに寄ってください。

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ メールでお問い合わせ

受付時間:10:00~19:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly