ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

BMW Z4 ABS修理 2018/3/8

約 1 分

BMW ABS

BMW Z4 ABS修理でご来店です。

点灯している故障ランプです。 
ABS
DSC

BMW純正診断機で故障箇所を判断します。

『ABSユニットの故障でした』

左ハンドルの場合はABSユニットは左前に付いています。

こちらのケースを上に持ち上げてタイラップで固定するとABSにアクセスしやすいです。

BMW Z4のABSユニットの場所がマスターシリンダーより下にあるためにブレーキの配管を外すとブレーキオイルが出てきてしまいます。
前もって4輪からブレーキオイルと抜いておきます。

タイヤハウスを外すとABSユニットが下から見えます。
ABSユニットはタイヤハウス側から外します。

ブレーキパイプを緩める時は上からの方が作業しやすいです。

ABSユニット内部を洗浄したところです。
ブレーキオイルがかなり汚れていたので、この機会に全て一掃して綺麗にしてあげます。

普段ブレーキパイプを外して洗浄まではしないので、、、

通常のブレーキおい交換ではブレーキキャリパーのブリーダプラグから抜くのですがABSユニットを外した時は全てのオイルを抜きます。
また、ブレーキの配管を外したまま循環させるので車検の時のエア抜き作業より汚れが取れます。

Ateの圧送機でブレーキのエア抜きをします。
ブレーキオイルのグレードは、ESPに対応しているSL6を使用しています。

ブレーキリザーバータンクにSSTを装着してブレーキオイルを圧送して完了です。

BMW Z4のオイル量測定方法!!

今回エンジンオイルの交換も同時にご依頼していただきました。
Z4のオイル交換した後のオイル量を測定するには写真のボタンを押します。

数分経つと画像のようにOKマークが点灯したら量は問題ないです。

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ メールでお問い合わせ

受付時間:9:00~18:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly