ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

インサイト ABS修理 2019-6-28

約 2 分
記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています

インサイト ABS修理

インサイト ABS修理で販売店様からのご依頼です。

ホンダ診断機

ホンダ専用の診断機はないのですが、汎用機のオーテル社がとても使えます。

インサイトABS

ABSの項目にエラーコードが入力されています。

52-1 モーター固着

入力コードはこちらです。
52-1 モーター固着

インサイト ABSランプ

点灯していたランプです。
ABS、サイドブレーキランプ

インサイト ABSユニット
インサイトのABSユニットは右ヘッドライトの後ろのあたりについています。

ABS取り外し

ABS取り外しをする前に、ブレーキリザーブタンク内のオイルを抜き取ります。

ブレーキオイルを抜く

リザーブタンク内のブレーキオイルを抜き取ります。

ブレーキパイプを緩める

ブレーキパイプ6つを緩めます。
国産車なので、10mmと12mmを使用しています。

リレーボックスを外す

ABSユニットの隣にリレーボックスがついているので外します。

カプラーを下げる
カプラーのレバーを下げると取り外せます。

ABSユニット

ABSユニットをオーバーホールします。

エア抜き作業SST

修理後エア抜き作業に入ります。
ホンダ用のSSTを使用します。

圧送機でブレーキオイル交換

圧送機でブレーキオイル交換をします。

診断機でエア抜き

診断機の昨日でブレーキエア抜き作業の項目があります。
ABSポンプを強制駆動させてABS本体内部のエアを完全に抜き取ります。

現在のセンサー類

最後にセンサー類の動作確認を実施して完了です。

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ 
メールでお問い合わせ

受付時間:10:00~19:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Send to LINE