ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

BMW E90 DSCユニット修理|エンジン不調

約 3 分

BMW E90

BMW E90 DSCユニット修理

BMW E90 DSCユニット修理で埼玉県からご来店くださいました。エンジンチェックランプも点灯し、エンジンのブレもありました。

診断結果がこちら

  1. 5DF0 DSCハイドロリックユニット
  2. 5DF1 DSCハイドロリックユニットポンプモーターコネクターの不具合 → ABSユニットO/H
  3. 94B5 ステアリングコラムスイッチセンター → SZLリペアキット交換
  4. 29CD DMEミスファイア、シリンダー1 → イグニッションコイル交換

1番のイグニッションコイルを3番に差し替えて故障コードを読み取ると、1から3番に故障箇所が移動したので、イグニッションコイル1番の異常と判断します。

お客様のご予算の都合で、今回は予防のために全てのイグニッションコイルを交換します。
プラグも交換時期なので全て交換します。

イグニッションコイルが固くて抜けない場合はラッチ部分に工具を入れると簡単に外せます。

焼き付け防止のグリスを使う工場さんもいらっしゃると思いますが、整備書にグリスはNGと記載されているので塗らないようにしてください。(締め付けトルクの異常につながる恐れがある)

締め付けトルクは30Nmです。
ちなみに角度締めで測ったら135度ぐらいでした。(トルクレンチを使用しないとオーバーとるくになります)

プラグの角度締めは新品で180度、再利用で90度と言われますが、180度締め付けるとオバートルクになってしまいますのでトルクレンチは必須です。

BMW DSCユニット
続いてDSCユニットを外しO/Hします


続いて、舵角センサーを交換します。
エアバックユニットを外します。


続いて、ハンドルを外します。


カバーを外し、、、


ボルト4箇所をはずし、SZLを外します。


SZLをはずし、舵角センサーを交換します。


SZLを分解していく時にやじるしを合わせるように覚えておきます。


センサー受光部を交換します。


そして黒い円盤のセンサーを交換します。


新しい円盤を取り付ける前に添え付けのグリスを塗ります。


SZLリペアキットを交換しましたよ〜のシールを貼り付けて終了です。

車検が近いお車は……

今回は車検を5月に控えたお車のDSCユニット修理でした。
タイヤを外してジャッキアップをするので、車検に受からない箇所を前もって点検して5月にまたご来店していただくことになりました。
エンジンの不調はイグニッションコイル交換で直りましたが、車検の項目にあるイグニッションコイルとプラグ交換もし車検時にあまりコストがかからないようにしました。

店長 永井
車検が近いお車は、前もってお見積もりもできますので、ぜひご相談ください。

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ 
メールでお問い合わせ

受付時間:10:00~19:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Send to LINE