ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

BMW Z4 DSCユニット修理|エア抜きでマスターシリンダーシールを傷めないために

約 2 分

BMW Z4

BMW Z4 ABS

本日はBMW Z4 ABS修理のご紹介でご来店くださいました。


▲点灯しているランプがこちら
ABSとDSCランプが目立っていますが、他の車種に比べると控えめですね。
とはいえ危険度は同じですので、早めの修理が必要です!


ABSユニットは運転席前についています。


BMW Z4のABSユニットはタイヤハウスを外して、下から抜きます。
上からだと、エアコンパイプが邪魔をして抜けません。


タイヤハウスをめくって、このように取り外します。


取り付けて、エア抜き作業をします。


ブレーキサブタンクに2.1kの圧力をかけて圧送します。

ブレーキエア抜き時にマスターシリンダーシールを痛めないために

Z4の場合、フットブレーキを踏んでエア抜きをする方法では、なかなか抜くことができません。
更に、100回以上ペダルを踏むことになるので、マスターシリンダー内のピストンシールを痛める可能性があります。
圧送機使用してエア抜きをする方法なら、マスターシリンダーシールを痛めずに済みますし、効率良く作業を進めることができます。

店長 永井
弊社でも圧送機を使用しています。

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問合せ 
メールでお問合せ
LINEお問い合わせ

受付時間:10:00~18:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Send to LINE