ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

R35 GTR ABS修理 2020-2-5

約 2 分

R35 GTR ABS修理

R35 GTR ABS修理でご来社いただきました。

診断コネクター
OBD診断コネクターは運転席足元にあります。

R35 ABS故障コード

R35 ABS故障コードがこちら

C1111 ポンプモーター

ABSユニットの場所

修理するABSユニットの場所は運転席前のこのあたりにあります。

ブレーキマスターシリンダー

ブレーキマスターシリンダーについているブレーキパイプをはずします。

GTRブレーキパイプ

ブレーキパイプを外さないとABSユニットをはずすことができません、

修理履歴があるABS

別の会社で修理してもらったのですが、ふたたびABSランプが点灯してしまったために、確実に修理するため弊社にご来社いただきました。
取り外したABSユニットには修理した痕跡がのこっています。

ABSモーターさび

今回の症状はABSポンプモーターが動いていない症状で、モーター部分のシーリングからみ水が混入してもようです。
通常ゴムのOリングでシーリングされていて、ここに液体シールをつけてしまうと水が混入してしまうおそれがあります。
ゴムOリングは交換すれば大丈夫です。

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ 
メールでお問い合わせ

受付時間:10:00~19:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Send to LINE