ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

日産GT-R R35 VDCユニット修理|基板、ポンプ修理+プレッシャーセンサーの交換

約 3 分
記事掲載の許可をいただきましたので写真をアップさせていただいています

日産GT-R R35

R35 GTR ABS修理

R35 GTR ABS修理でご来店くださいました。

当日修理、約3時間ほどの作業になります。

今週は、同色のGTR R35のABS修理のご依頼がありました。
(同じ時期にVDCユニットが壊れたというよりも、記事を見てご依頼いただいたのかもしれません)

診断

まずは診断機で故障箇所を特定します。
診断機を接続

OBD端子は運転席足元にあります。

R35 GTR テスター

R35 GTR テスターは汎用機オーテルを使用しています。

▼故障コードがこちら
故障コード

C1111 ポンプモーター故障

ABSユニット取り外し〜修理

VDCユニットの場所

VDCユニットは、こちらのカバーを外すと出てきます。

R35ブレーキオイル

ブレーキマスターシリンダーのリザーブタンク内のオイルを抜いておくと、ブレーキの配管を外したときにオイルが溢れてこなくなります。

マスターシリンダー

VDCユニット〜ブレーキマスター間のブレーキパイプを外します。
VDCユニットに装着されているブレーキパイプが取り付け時にネジ部分を入れにくいためです。
マスターシリンダー側を外せば、テンションがかからなくなるので入れやすくなります。

ブレーキマスター

ブレーキパイプを完全に外すときは、ブレーキマスターシリンダー内の少しのオイルが出てくるので事前にウエスを敷いておきます。

ブレーキパイプ

外したブレーキパイプ内のオイルも全て出しておきます。

タイヤハウス

タイヤハウスの一部をめくるとVDCユニット本体の止めナットが出てきます。

ナット3本

12mmのナット3つを外すとVDCユニットは取り外せます。

VDCユニット

こちらのVDCユニットのオーバーホールします。

  • 基板修正(コンデンサ、トランジスタ交換)
  • モーター部分 (コイル交換、ブラシ交換)
  • ソレノイドバルブ(プレッシャーセンサー交換)

ブレーキパイプ

2つのブレーキパイプを止めてあるこの部品を外すとフリーになり、VDCユニットにねじを入れるときにテンションがかからず、ネジ山をなめしてしまうリスクが減ります。

Ate圧送機でブレーキオイル交換

Ate圧送機でブレーキオイル交換をします。

キャリパーから抜く

キャリパー内側、外側2ヶ所からブレーキオイルを抜きます。

今日のニャンコ

2匹のニャンコ

店長永井です。
うちには黒いのと茶色いの2匹のニャンコがいます。
黒い方は、避妊手術の時の後遺症で目がほとんど見えていません。でもニャンコは視覚が無くなっても、嗅覚、ひげセンサーなどでしっかり生きていけます。この子が幸せに生活してくれれば、私も幸せです。

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問合せ 
メールでお問合せ

受付時間:10:00~18:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Send to LINE