ABS修理のお店
Jスクエア

ABSランプ点灯でお困りならABS修理Jスクエアにお任せ

メニュー

VW ヴァリアント ABS修理 インサイトABS修理 本年最後のABS修理は新潟県と宮城県からご来社いただきました。2019-12-28

約 5 分

インサイトABS修理 宮城県からご来社

インサイトABS修理
インサイトABS修理で宮城県からご来社いただきました。
休憩入れて5時間かかったそうです。遠方からありがとうございました。

点灯していたランプです。
メーター真ん中に大きく表示されています。

インサイトABS

診断機で故障コードを読み取ります。
51-1 モーターロック異常    → オーバーホールで対応
52-1 モーターON OFF固着 → オーバーホールで対応
18-1 リヤ左スピードセンサー  → 実測パルス信号正常 様子見
16-1 リヤ右スピードセンサー  → 実測パルス信号正常 様子見
26-1 横Gセンサー異常     → 修理後にヨーレートセンサー同期

インサイトABS修理

インサイトの場合は、ブレーキリザーブタンクがABSユニットの上についているために、そのままABSユニットを取り外すとブレーキオイルがエンジンルーム、メンバーに垂れてきてしまうので、キャリパーのブリーダからブレーキオイルを全て抜き取ります。

インサイトABS

インサイトのABSユニットは画像のように上から抜き取ります。
エアコンのホースがそばにあるの注意してください。
インサイトABS

修理後HONDA用のSSTを取り付けて、ブレーキオイルの圧送をしてエア抜き作業を実施します。

インサイトキャリブレーション

最後に4項目のキャリブレーション作業を実施します。
・舵角センサ
・横Gセンサ
・ブレーキプレッシャーセンサ
・前後Gセンサ
 

VW ヴァリアントABS修理 新潟県からご来社

VW ABS修理

続いてVW ABS修理で新潟県からご来社いただきました。
前日の夜にこちらの方に来ていただいてのご来社です。
遠方からありがとうございました。

新潟県ではスタットレス&ABSが正常でないと危険で走行は難しいそうです。
ご来社いただく時もアイスバーンで滑るんじゃないかとひやひやしながら来ていただいたそうです。

 VW ABSランプ

点灯していたランプです。
ABS
サイドブレーキ
タイヤ空気圧

vw ABS故障コード
入力されていた故障コードです。

01130 ABSあてはまらない信号    基盤新品交換
01276 ABSハイドロリックポンプ V64 オーバーホールで対応
16352 ABS,ECU故障         基盤新品交換

VW ABSユニット場所

VW ABSユニット場所がこちら
バッテリーの後ろ下あたりにあります。

あBSシュウリ

バッテリーを外し、ステーも外します。

VW ABSユニット

ABSユニットにアクセスできるようになりました。

VW ABS

VW ABSユニット

VW ABS

ソレノイド、モーター、などはオーバーホールします。
基盤の部分は今回は新品の部品を使用します。

それでもディーラーさんの新品部品交換作業より15万ほどお安くできます。

スピードセンサー

今回スピードセンサーは壊れていなかったのですが、お客様の長くお乗りになるとのことでABSセンサーの交換のご依頼もいただきました。

外から見たらわからなかったのですが、スピードセンサーの差し込むホールが錆び付いてしまい、スピードセンサーの取り外しが困難でした。

VW スピードセンサー

ドリルを使用してスピードセンサーを取り外すことができました。

残りのスピードセンサーも完全固着ですんなり抜けなそうなので、既に夜8時になっており、お客様も帰れなくなってしまっては大変なので、
今回は右前1箇所だけの交換になりました。

VW ABSコーディング

VW ABSコーディング作業を実施します。

・基本コーディングデーター入力  
・ブレーキプレッシャー調整
・舵角調整

アクセスコードを入力します

コーディングにはアクセスコードが必要で、各項目ごとにその都度暗証コードを入力します。

インレットバルブ調整

ブレーキインレットバルブ調整を実施します。
数値が数回出てくるのでその数値にあったブレーキを踏んであげます。

MCIバルブ調整

続いてMCIバルブ調整を実施します。

こちらの方が低い踏み圧を要求されることが多いので慎重に調整します。

店長 永井
今回仕事納めで、最後の土曜日に近郊で2組様、遠くから2組様のご依頼をいただきました。
東北の方ではABSが効かないと車を走らせることができないそうです。
なんとか無事に日帰り作業で対応することができました。しかしVWのスピードセンサーは危なくお預かりになるところでした。除雪剤で足回りが錆び付いていたせいです。
スピードセンサーはプラスチックの素材なので錆で取れないことはないのですが、スピードセンサーの受け側のホールが錆びて侵食していたのには驚きました。
今後東北の方の方で、スピードセンサーの交換を実施するお車はすんなり交換できないケースがあるので注意が必要です。

ABSランプ点灯のご相談は、お気軽にお問い合わせください。

電話でお問い合わせ 
メールでお問い合わせ

受付時間:10:00~19:00

※日祝祭日はお休みをいただきます。メールの返信は翌営業日となりますので、ご了承ください。

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Send to LINE